高値圏にある長いヒゲを持つロウソク足は見逃してはいけない[2017/12/21]

トレード日記

スポンサーリンク

本日のポジション

本日2017年12月21日のドル円のFX取引のトレードのメモを残そうと思います。

上記の画像の「ココだよ」で「売り」ポジションをとりました。

もしかしたら、上昇トレンドに逆らった「売り」でポジションをとっているので、下がって、すぐに引き戻されるようであれば、決算してしまう可能性があります。

こういった「逆張り」は基本的にはお勧めしません。

初心者の方は、まずはトレンド方向に合わせたポジションをとるようにしてください。

 

ポジションをとったポイントは「上ヒゲの長いロウソク足が作られた」という理由です。

 

私の経験上、一気に急上昇(急降下)した際には、激しい引き戻しがあると考えています。

そして、今回は1本のロウソク足が急上昇し、長いヒゲを作りました。

こういった場合、比較的「そのヒゲ以上は上昇することはないな」と考えています。

ですので、上昇するにしても、一度降下してから、再び上昇するといったパターンが多いと経験から考えています。

そのため、「売り」でポジションをとったわけです。

そして、あわよくば、下降トレンドに転換してもらいたいと考えているというわけです。

 

今回はトレーダーとしての見極めが重要になってきます!

 

 

スポンサーリンク

この抵抗線を越えるかどうか

レンジを組んでいた時の高値が抵抗線になっているようです。

多くのトレーダーは過去の高値や安値といった過去の結果を意識することがあります。

それが極端に分かりやすかったり、長い時間をかけたものであればなおさら意識されます。

今回はレンジの高値で、上記の画像のように、何度もレンジの高値の抵抗線である白い線にチャレンジしています。

 

今回はもともと、上昇トレンドの逆張りの形でポジションをとっているので、この抵抗線を抜けないか、抜けてもすぐに引き戻される可能性が十分にあり得ます。

ですので、下降からすぐに上昇に切り替わることを念頭に置いておかねばならないのです。

このことから場合によっては、レンジや過去の結果から作られた抵抗線を抜けたからといって、抜けた方向にトレンドが作られるはずといった安易な考えはやめておいたほうが良いかと思います。

 

 

スポンサーリンク

抵抗線を抜けた

 

抵抗線を抜けましたが、正直のところ、勢いがないように感じます。

もうそろそろ、引き戻されるような気がしてきました…

引き戻されるようであれば、一度決算したほうがよさそうですね。

これからはPCに張り付いて、動向を見守ろうと思います。

 

 

スポンサーリンク

とりあえず決算

 

初めにも書いたように、引き戻しがありそうなので、とりあえず決算してしまいました。

赤く囲ってあるロウソクが出来上がる前に決算しました。

なぜかというと、上記の画像の「もみもみ」と書かれているところで、上がったり下がったりしていたので、ちょっと上昇しちゃうかもしれないと考えたからです。

基本的に、切れの良い「100」「50」といった単位でもみ合うと、もともとのトレンド方向に引き戻されてしまことがあるんですよね。

なので、一度決算しました。

そして、上昇するようであれば、本来は上昇トレンドであり、パーフェクトオーダーでもあるので、「買い」でポジションをとっても良いような気もします。

 

今回もそうですが、逆張りとは、長い時間をかけて構築されたトレンドに逆らったトレード方法です。

タイミングを見誤ると、一気に損失が膨れ上がる可能性があります。

ですので、ポジションに入る前に、引き際のイメージを付けてから行うようにしてください。

私の場合は、こういった短い時間でも、稼げるのであれば積極的に取引を行い、少しずつ収益を上げています。

ですが、初心者の方は、初めはトレンドに沿った比較的リスクの少ない状況での取引をおすすめします。

 

これ以降は22:30に米の重要な経済指標が発表されるので、少し時間をおいてのご報告になるかと思います。

 


追記

前の章の為替チャートから上昇していますね。

そして、陽線のロウソク足の「トンカチ」から下降が始まり、経済指標の時間に突入したといった感じです。

 

そして、22:30の経済指標で不安定な相場になっていますね。

相当な経験を積んだプロのトレーダーであれば、取引に参入するのでしょうが、私はちょっとそこまでのリスクを負う気には未だになれませんね。

堅実に自分の勝ちパターンで取引を行うことが、自分のトレードルールなんです。

 

経済指標

7-9月四半期実質国内総生産(GDP)

前回:3.3%

今回:3.2%

 

【前週分新規失業保険申請件数】

前回:22.5万件

今回:24.5万件

 

【11月景気先行指標総合指数(前月比)】

前回:1.2%

今回:0.4%

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました