FXでエントリーする前に上位足を確認すべし![2018/01/31]

トレード日記

本日2018年1月31日のドル円のトレード日記を書き始めたいと思います。

最近、2週間以上も忙しすぎてFXの取引ができていませんでした。

大雪のせいで道は歩きづらいは、寒すぎて朝も目覚めが悪いわで嫌な天候が続いていますね。

それ以上に朝に水道が氷結してお湯が出ないといった、最悪な朝があったことが何よりも嫌でしたね。

 

そんな状況でも、頑張って働いた私を誰か労ってほしいものです(;´Д`)

まぁ、今週はもう忙しくないので、FXとたまったアニメの録画を観ながら、ゆっくり過ごしたいと思います!

 

ということで、さっそく本日のトレード日記を書き始めたいと思います。

 

スポンサーリンク

上位足で相場を確認してみる

上のチャートは「4時間足」のものです。

これを見ると下降トレンドの真っ最中といえるでしょう。

ですが、現在の状態は

下降トレンドの最安値を戻り目の安値が更新していない

ことが分かります。

 

となると、上のチャートに引かれた白い線を上から下に抜けるかどうかで、これからの相場が向きが変わってくるといえるかと思われます。

 

 

スポンサーリンク

下位時間足で様子を見守る

上のチャートは「15分足」のものです。

確認した途端、すでに大きな陰線ができていました。

これを見て分かるとおり、下落の勢力が強いですね。

この大きな陰線ができる前に気づいていれば、エントリーをしていたところです。

ですが、もうできてしまっているので仕方がありません…。

下落の勢力が強いことから、上位時間足でも下降の勢いを失っていない状態であれば、確実に売りのエントリーを入れているところです。

ですが、やはり「下降トレンドの最安値を戻り目が更新していなかった」ことが気がかりです。

ですので、もう少し、エントリーは見送りたいと思います。

 

「むむぅ…(´・ω・`)」

「下降してしまうのか、エントリーしようかなぁ~」

「もう少し、様子を見てみよう…」

 

「おやおや!?(´゚д゚`)」

「流れが変わってきたようだな」

 

 

ここでやっと相場が下降トレンドから上昇トレンドに変わる可能性が出てきました。

上のチャートの白い線が「抵抗線」となっていることがお分かりいただけるかと思います。

この白い線を30分のうちに2回越えようとチャレンジしましたが失敗していますね。

こういった抵抗線に対して、何回もチャレンジして失敗した後にトレンドに逆らった動きを見せたら、トレンドの転換の可能性が高いのです。

また、MACDでもシグナルが出ていますので、上昇するという説得力も高いように思えます。

やはり上位足を確認したときの「下降トレンドの最安値を戻り目が更新していなかった」ということに疑問を抱いて正解だったかもしれません。

ですので、買いでエントリーしたいと思います。

そして、損切り線はこの抵抗が強い白い線までと設定しておきます。

 

「買いエントリーだぜ!(*´▽`*)」

 

 

スポンサーリンク

エントリー後

「よしよし、上昇してきましたぜ( `ー´)ノ」

「その調子だ頑張れ、お前はできる子だぞッ!」

 

「グッと堪えろ(;´Д`)」

「諦めたら、そこで試合終了ですよ…」

「耐えおったでぇ!(;´∀`)」

「心配なんてしてなかったんだからね…」

 

「うぉ~(/・ω・)/」

「やりおったでぇ~」

「このまま、もっと行っちゃいますか? どうなんだよ、おい!!」

 

「あら…押し目だよね…」

「そうだって言って(´・ω・`)」

とりあえず、次の切れの良い数字(点線)を抜けてしまったら、決算しようと思います。

 

「!?(´◉◞౪◟◉)」

「この異常な変動はもしや…」

そうなんです。

ここで米国で重要な経済指標の発表だったんですね。

28:00「米国邦公開市場委員会(FOMC) 政策金利発表」

 

もう真夜中だったんですね。

チャートを見るのに夢中になっていて、時計を見ていなかったんですね…

ですが、幸いにも、上昇してくれたので、このタイミングで決算してしまいました。

 

 

スポンサーリンク

今回のトレードを振り返る

 

今回のポイントは、上位足を確認して「下降トレンドの最安値を戻り目が更新していない」と気づけたところですね。

FX初心者の方は、自分がトレードする際に見る、時間足以外確認しない方が多いかもしれません。

ですが、それだとトレードをしていて「相場がこの向きになったら、エントリーしてもいいな」とか「上昇トレンドだけど、長い目で見ると下降トレンドになるな」といった相場予測ができていないんですよね。

だから、「利益が小さく、損失が大きく」なってしまうことがあるんです。

なので、収益を挙げられない方は、エントリーする前に必ず、上位足を確認するようにしてみてください。

 

次に「損切りラインをしっかり設定できた」ことですね。

今回のトレードでエントリーする際には、私が何を根拠にエントリーしたか覚えていますか?

それは、”抵抗線”です。

上のチャートがエントリーしたときの相場の状態ですよね。

この白い線で強い抵抗を感じたことで、エントリーを決断したわけです。

もう一度、確認しておきますが、同じところで何度も抜けるチャレンジをしていて、それを抜けられなかったときは、”トレンドの転換”の可能性が高いと説明しました。

これは私の経験上、そういった場面に何度も出くわしているからこそ、気づけたことでもあります。

何度も同じチャレンジをして失敗していれば、トレーダーたちは「これ以上下落しないんじゃないか」と考えると推測ができます。

そこで、私も含め、トレーダーはポジションを取り直したりして、トレンドの逆方向に力が加わるのです。

こういったローソク足からも相場の予測ができるように、普段から注意してみていってくださいね。

 

では最後に、今回のトレードの成果の発表です。

今回は…

55.4pipsでした!

よっしゃ!

調子が良いですね。

最近トレードができていなくて、久しぶりということもあり、ドキドキしていましたが、結果的に満足できました!

まぁ、10時間以上チャートを見続けていたわけですが…

 

では、これにて本日のトレードの日記を終了します。


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました