【2019/08/01】『米ドル/円』相場のチャート分析

トレード日記

2019年8月1日の『米ドル円』相場。

 

本日の経済指標の変動も含めて相場の動向の記録を残しておこうと思います。

 

スポンサーリンク

為替相場『ドル円』

※上のチャートは2019年8月1日の25時時点の『4時間足』です。

 

本日はここ最近では最も下落の勢いが強い1日となりました。

この下落がきっかけに今後は相場がとても大きく動くと予想できます。

 

※上のチャートは『1時間足』です。

 

※上のチャートは『15分足』です。

 

先週末からトレーダーたちに強く意識されていた「108.500」。

 

その「108.500」を勢いよく抜け、現在では「108.000」も抜けてしまうような勢いとなっています。

注目されていたラインを超えたことで今後はさらに下落していくと考えられます。

 

スポンサーリンク

本日の経済指標による変動

 

本日の経済指標は下の通りです。

・【米国】3:00『米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表』

【米国】3:30『パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見』

・【中国】10:45『Caixin製造業購買担当者景気指数』

【フランス】16:50『製造業購買担当者景気指数(PMI)』

【ドイツ】16:50『製造業購買担当者景気指数(PMI)』

【ユーロ】17:00『製造業購買担当者景気指数(PMI)』

【イギリス】17:30『製造業購買担当者景気指数(PMI)』

【イギリス】20:00『英中銀資産買取プログラム規模』

【イギリス】20:00『英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨』

【イギリス】20:00『イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表』

【イギリス】20:00『英中銀イングランド銀行、四半期ごとの物価報告(インフレレポート)』

【イギリス】20:30『イングランド銀行(カーニー英中銀総裁、発言』

【米国】21:30『前週分新規失業保険申請件数』

【米国】21:30『前週分失業保険継続受給者数』

【米国】22:45『製造業購買担当者景気指数』

【米国】23:00『ISM製造業景況指数』

 

『米ドル/円』相場に影響を与える経済指標のデータのみ記録しておきます。

 

【米国】3:00『米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表』

・予想:2.25%

・結果:2.25%

・前回:2.50%

 

【米国】3:30『パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見』

「政策金利を0.25%引き下げ2.00~2.25%にした。米経済の見通しは望ましい状態だが、この見通しを支えるためだ。

世界景気の減速と貿易政策の先行き不透明感からくる下振れリスクへの備えとなることを意図している。

リスクが景気に悪影響を与えることを相殺し、2%の物価上昇へ早く戻ることを促す面もある。

FRBの保有資産の圧縮の終了を当初予定した9月から8月へと早めることも決めた」

引用:nikkei.com

 

【中国】10:45『Caixin製造業購買担当者景気指数』

・予想:49.6

・結果:49.9

・前回:49.4

 

【米国】21:30『前週分新規失業保険申請件数』

・予想:21.4万件

・結果:21.5万件

・前回:20.6万件

 

【米国】21:30『前週分失業保険継続受給者数』

・予想:167.8万人

・結果:169.9万人

・前回:167.6万人

 

【米国】22:45『製造業購買担当者景気指数』

・予想:50.0

・結果:50.4

・前回:50.0

 

【米国】23:00『ISM製造業景況指数』

・予想:52.0

・結果:51.2

・前回:51.7

 

スポンサーリンク

簡単に今後の相場推測!『テクニカル分析』

 

今後の『ドル/円』相場の変動予想になりますが、とにかく下落の勢いが強くなっていくと考えられます。

 

 

上のチャートでラインを引いていますが、まず「108.000」を抜けるかが重要なポイントなってきます。

先週から強く意識されていた「108.500」を抜けたことで「下落方向に動くのでは?」と市場にかかわる人間は思うのではないかと思われます。

もちろん、「108.000」差し掛かった際には強い反発があるかと思いますが、その場合は何日も何度もチャレンジしてでも抜けるような気がします。

 

そして、「108.000」を抜けてしまえば、小さな抵抗を感じさせる部分もありますが、「107.500」までは比較的簡単に迫ると考えています。

 

あとは現在最も重要なラインである直近最安値「107.218」あたりでもみ合いになると推測します。

※極端でインパクトのある値は市場のみんなが注目しますからね。

なので、「107.218」付近は何が起こるかわからないので、迫った際には様子見をしたほうがいいかもしれませんね。

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

またね(/・ω・)/

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました