【2019/08/08】『米ドル/円』相場のチャート分析

トレード日記

2019年8月8日の『米ドル円』相場。

 

本日の経済指標の変動も含めて相場の動向の記録を残しておこうと思います。

 

スポンサーリンク

為替相場『ドル円』

※上のチャートは2019年8月8日の25時時点の『4時間足』です。

 

上位足のチャートを見てみると先週末の下落で作られた最安値を抵抗線にもみ合いになっている状態です。

 

※上のチャートは『1時間足』です。

 

※上のチャートは『15分足』です。

 

下位足を見てみると「106.000」のラインで強い抵抗があることが分かります。

 

スポンサーリンク

本日の経済指標による変動

 

本日の経済指標は下の通りです。

・【中国】『7月貿易収支(米ドル)』

・【中国】『7月貿易収支(人民元)』

・【日本】10:50『6月国際収支・貿易収支』

・【米国】21:30『前週分新規失業保険申請件数』

・【米国】21:30『前週分失業保険継続受給者数』

 

『米ドル/円』相場に影響を与える経済指標のデータを記録しておきます。

 

【中国】『7月貿易収支(米ドル)』

・予想:400.0億ドル

・結果:450.6億ドル

・前回:509.8億ドル

 

【中国】『7月貿易収支(人民元)』

・予想:3100.0億元

・結果:3102.6億元

・前回:3451.8億元

 

【日本】10:50『6月国際収支・貿易収支』

・予想:6914億円

・結果:7593億円

・前回:-6509億円

 

【米国】21:30『前週分新規失業保険申請件数』

・予想:21.5万件

・結果:20.9万件

・前回:21.5万件

 

【米国】21:30『前週分失業保険継続受給者数』

・予想:169.0万人

・結果:168.4万人

・前回:169.9万人

 

スポンサーリンク

簡単に今後の相場推測!『テクニカル分析』

 

下位足で見てみると「106.000」を何度も抜けようとしています。

ですので、まず直近のポイントはこのラインになります。

 

そして、もしもこのラインを抜けたら「105.900」が次のポイントであり、比較的容易にこのラインに達すると思っています。

 

逆に「106.000」で反発し、上昇するようなら「106.140」付近で躓いている箇所が多いことから、ここが重要なラインになるかと思います。

加えて、「106.200」付近を目指して相場は動いていく可能性が高いです。

 

なので、相場の上下の動きによって、意識するラインを変え、臨機応変にポジションを作るようにしましょう!

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

またね(/・ω・)/

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました