過去のトレンドの高値と安値は重要な『抵抗線』となる

テクニカル分析

 

あなたはFXのチャート分析において何が重要だとお考えでしょうか?

私はチャート分析の中でトレードをするかしないかといった、最も考慮しなければいけないことは「抵抗線」だと考えています。

FXのチャートでの「抵抗線」は、エントリーや決算などのタイミングの基準とすることができます。

そのため、FXトレードにおいて、チャートの特性の代表ともいえる「抵抗線」の種類を知っておくことは、勝ち組になるか負け組になるかの分かれ道と言っても過言ではないかと思います。

 

本記事ではその抵抗線の中でも代表的な「前回のトレンドの高値と安値」について説明していきます。

 

スポンサーリンク

前回のトレンドにより生じる抵抗線

上は「上昇トレンド」から「下降トレンド」に移り変わった状態のチャートです。

上の白い線が抵抗線になります。

前回のトレンドである上昇トレンドの最安値が強い抵抗を持っていることが事後のチャートからも分かるかと思います。

 

抵抗線の証拠として2つが挙げられます。

1つは「抵抗線を抜けるときの大きなローソク足」です。

チャートの右端の赤い〇で囲まれているローソク足は比較的大きな陰線と陽線になっています。

これはこの強い抵抗線をトレーダーたちが意識している証拠でもあります。

チャンスがあるときに一度、リアルタイムでローソク足の動きを見て頂きたいのですが、この抵抗線の付近で一気に抜けるかと思えば、抜けそうになりながらも競り合っていることが分かるかと思います。

 

ですので、勢力同士が競り合っている場合は、そこが「抵抗線なんだ」と考え、過去のチャートを見直して、分析の見落としを防いでください。

また、競り合っているわけですから、そこをトレンドの方向に抜けそうになれば、エントリーすると、その後の勢いよく抜ける傾向があることから、自分の収益に結びつけられるかと思います。

 

2つ目は「抵抗線に迫るヒゲの長いローソク足」です。

チャートの右下にある緑の〇を見てください。

抵抗線を下から上に抜けようとチャレンジしています。

これは強い抵抗線が付近にあるとよく見られる光景です。

基本的に抜ける前でも抜けた後でも、強い抵抗線が近くにあれば、その抵抗線に迫る傾向があります。

こういった「抵抗線+抜けるチャレンジ」といったチャートの特性を理解しておくと、絶妙なタイミングでポジションを作れたり、自分のポジションの逆の方向に動いても、あたふたせず余裕をもって対処ができるようになります。

 

 

スポンサーリンク

トレンドの安値と高値による抵抗線の活かし方

 

本記事で紹介した「前回のトレンドの安値と高値により生じた抵抗線」の活かし方は、ずばりエントリー時の向きとタイミングの判断材料ですね。

私のトレードの様子であるトレード日記の『FXトレードを不安定な相場であることが多い金曜日にやってみた!』を見ていただくと分かるのですが、抵抗線付近であれば、その向きに合わせてポジションを作ることが多いです。

そうすることで、相場の変動は抵抗線に迫っていく傾向にありますから、複雑な分析に時間を費やすことなく判断できます。

それに加えて、その抵抗線を抜けることで、その方向に「ドーンッ!」と抜けていく可能性が大いにあるのです。

 

本記事で紹介した抵抗線についての内容は必ず覚えて置いていってください。

私のトレードでの「勝ちパターン」の1つになっています。

本記事の内容を意識して、FXトレードすることであなたの勝ちパターンを1つ増やすことができると考えています。

FXはこういった勝ちパターンを増やしていくことが、最も安定した収入を得られる近道であることに私自身確信を持っています。

ですので、ぜひ、みなさんもFXの勉強とトレード経験を積んで、勝ちバターンを増やしていくようにしてくださいね。

 

以上、「過去のトレンドの『高値』と『安値』は重要な抵抗線となる」を終わりたいと思います。


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました