FXの『抵抗線』『支持線』について – 引き方とトレード手法を紹介!

テクニカル分析

 

FXで押さえておきたいポイントとして『抵抗線』と『支持線』があります。

抵抗線や支持線は多くのトレーダーが意識する相場に対しての1つ指標であると考えられているからです。

 

この抵抗線や支持線を理解し、トレードで活用することができれば、現在FXで稼げてなくても、稼げるきっかけになると強く感じています。

 

ですので、本記事では

”抵抗線と支持線ってどういうものなのか”

”抵抗線と支持線を使ったトレードの仕方”

をご紹介していきたいと思います。

 

ぜひ、覚えていって、実際の相場で検証してみてください。

 

スポンサーリンク

抵抗線(支持線)とは

抵抗線とは買いの勢力と売り勢力で積極的に取引がされているポイントのことを指します。

つまり、勢力同士でぶつかりあっている場所のことです。

 

この抵抗線に差し掛かると、上昇するのか下落するのか勢力同士が拮抗しあって、相場が激しく変動します。

 

抵抗線を意識されて反発されることもあれば、とても強い勢いで抵抗線を抜けていくことだってあります。

 

ですので、多くのトレーダー抵抗線や支持線を意識したトレードをされているかと思われます。

 

私の経験から言わせていただくと、抵抗線や支持線を理解することで、エントリーや決算のタイミングに活かせることから収益を挙げるためのトレードがしやすくなると思います。

 

私の場合はインジケーターのシグナルをみたり、相場の分析をするよりも先に抵抗線を確認するようにしています。

 

 

それぐらい抵抗線や支持線はFXでのエントリーや決算のタイミングを図るために欠かせない相場の1つの指標だと考えています。

 

 

スポンサーリンク

抵抗線(支持線)はなぜできるの?

 

抵抗線や支持線は”切りのいい数字””過去の高値(安値)”といったトレーダーが意識しやすい値でできる傾向にあります。

 

基本的に人は「この値になったらエントリー(もしくは決算)してやろう」「最近で一番高いポイントで何かしてやろう」といった、基準を設けて行動しますよね。

それが抵抗線や支持線の正体であると推測できます。

 

あなたももしかしたら、FXトレードをしているときに「また同じところで反発したよ…」といった、見えない何かに相場がコントロールされていると感じたことがあるかもしれません。

 

そういうときは大抵、チャートを過去へさかのぼって確認してみると、目立つ高値や安値を見つけることができるかと思います。

そういったポイントが”抵抗線”となっていることがほとんどです。

 

そして、相場は小額個人投資家はともかく、大金を使って取引をされている個人もしくは組織によって動かされます。

つまり、お金を持った人たちが相場を動かしているといっても過言ではないということです。

 

そんな方たちはもちろん人間ですから、その人たちも区切りのよい値を意識したりしますから、結果的にそこに抵抗線が作られると考えられますよね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

抵抗線の引き方

 

多くのFXトレーダーは抵抗線を意識してトレードされていると考えられます。

ですが、ここで問題なのが、この抵抗線は「どこら辺にできるのか」といったことですよね。

 

この抵抗線がトレードにおいて重要なのは知っているけど、抵抗線がどこにあるのか分からないという方も多いかと思います。

ですので、抵抗線の引き方について説明していきます。

 

抵抗線は基本的には上でも書いた”切りのいい値””過去の高値(安値)”といった、トレーダーが意識しやすいポイントにできます。

そして、重要度の高いのが”過去の高値と安値”です。

 

切りのいい値

まずは”切りのいい値”での抵抗線の引き方を説明します。

上の画像は切りのいい数字が抵抗線になっているチャートです。

 

この値を下から上に抜けようとすれば、多くの下落方向に期待しているトレーダーや業者が下落の勢いを売り注文を入れて上昇を拒んでいるということです。

今回引いた赤い線以外の切りのいい数字でも抵抗を感じさせるようなところがあるかと思います。

 

そのため、この切りのいい値でかつ、過去に反発を受けた箇所で抵抗線を引くことができるということになります。

 

 

過去の高値(安値)

上の画像のチャートでは、左側のトレンドができるまでは、ほとんど変動のない相場でした。

ですが、急にレンジブレイクし、トレンドを作り、一気に元の位置まで引き戻されています。

 

そして、右側の2回目の相場変動で上昇しますが、前回の上昇で作られた高値付近で引き戻されて下降トレンドになってしまっています。

 

このように過去の高値もしくは安値がトレーダーたちに意識されているといえるかと思います。

このことから過去の相場の高値や安値を基準にして抵抗線を引くことができるというわけです。

 

 

押し目(安値)

上の画像のチャートでは上昇トレンドの押し目部分の安値が抵抗を持っていることが分かります。

 

この押し目部分を超えるのに2回チャレンジして反発を受けていることから強い抵抗を持っているとご理解していただけるかと思います。

そして、3回目の抵抗線付近に来た時に、一気に相場が動いています。

 

このように押し目の安値もしくは戻り目の高値には強い抵抗が働くこと抵抗線を引けるかと思います。

 

 

スポンサーリンク

抵抗線の特徴

 

FXトレーダーたちが意識する抵抗線ですが、その特徴をここで紹介したいと思います。

 

特徴は主に下のとおりです。

 

相場変動の勢いがなくなる

少し前まで相場が動いていたのに、ある地点で急に動きが鈍くなった時があるかと思います。

それはトレーダーたちが意識していた値付近に近づいているときに出くわす状況だったりします。

 

それは抵抗線付近に差し掛かり、買いと売りの勢力がお互いに進んでほしい方向に誘導し始めていたり、エントリーや決算を行っているといった取引が頻繁にされている状況の可能性が高いです。

 

 

一気に相場が動く

抵抗線には上の特徴とは逆に、「相場が大きく動く」という特徴も持ち合わせています。

 

トレーダーたちがその地点を意識し、相場の方向に合わせてエントリーや決算が集中したと考えられます。

 

その場合の傾向的に大きな引き戻しが生じる可能性があるということを併せて覚えておいてください。

 

 

何度も同じところで反発をする

抵抗線という名前だけあって、強い抵抗(反発)が生じます。

 

そうなると、例えば、相場が上昇したくても跳ね返えされて下落したりするわけです。

 

そして、一度跳ね返されても、上昇の勢いが強ければ、再度その抵抗線を抜けるために相場が上昇することも多々あります。

 

そういった何度も抜けようとチャレンジしている相場は大きな収益を挙げるチャンスになることは覚えておいてください。

 

スポンサーリンク


抵抗線に対してのトレード手法

 

この抵抗線を意識することでFXで収益を安定して得られるようになるかもしれません。

 

いってみれば、私もそうですが、多くのトレーダーが収益を挙げられるのはトレード手法や取引ルールを徹底していることはもちろんですが、何より”勝ちパターンを多い”という共通点があるかと思います。

 

勝ちパターンというのは、多くのトレードを経験してことで得られた「このチャートパターンは上がるな(下がるな)」といった勝率の高いチャートパターンのことを指します。

 

そして、私は多くのトレードを経験して、何度も抵抗線を抜けようとしている相場は収益を挙げやすいことに気づきました。

 

ですので、ここで紹介するものは数ある私の勝ちパターンの1つですので、実際のトレードで使ってみて結果が良ければ、あなたの勝ちパターンに加えてみてください。

 

ケース1

 

上のチャートを見てもらうと左から「上昇」→「下降」→「ゴチャゴチャ」という感じになってますね。

 

そして、下降トレンドが終わりを迎えたの安値付近をそれ以降2回抜けるチャレンジをしている状態です。

 

つまり、強い抵抗線があるということです( `ー´)ノ。

 

このチャートは下の記事のものなので、この抵抗線についての詳細は下の記事をお読みください。

 

 

このチャートの下にある抵抗線から何度も離れようとしたものの、強い下への力で抵抗線を抜けようとしている状態ですね。

 

また、このゴチャゴチャ相場になる前は下降トレンドだったことから、さらに下落への期待感が高いと考えられます。

 

ですので、このパターンであれば、売りのポジションを作ったほうが良いと考えます。

 

 

その後、6回目のチャレンジで大きな下降トレンドが生まれる結果となりました。

 

このパターンで覚えておいてほしいのが”「前回のトレンド向き」+「抵抗線を抜けようとしている方向」が一致している”ということです。

 

 

ケース2

 

上のチャートを見ると、明らかにチャートの上側で何度も跳ね返されています。

 

むしろ、ここまで上がりたがっているとなると、もはや買いポジションを作る選択肢しかないような気がしてきますね。

 

ここでの抵抗線もチャートを過去に遡って見ると、重要度の高い抵抗線であることが分かります。

 

その抵抗線の詳細は下の記事に書いてあるので、気になられた方は確認してみてください。

 

 

 

その後、やはり抵抗線を抜け、大きく上昇したという結果となりました。

 

もしかしたら、前回のチャートと同様の状態になっていることをあなたはお気づきかもしれません。

 

それは、

”「前回のトレンド向き」+「抵抗線を抜けようとしている方向」が一致している”

ですね。

 

このチャートはもともと上昇トレンドで、上昇方向の抵抗線に何度も抜けるチャレンジをしているということですね。

 

スポンサーリンク


ケース3(抵抗線で反発されたパターン)

 

上の画像のチャートでも上の2つのケースと同様、抵抗線を3回抜けるチャレンジをしています。

 

ですが、今回のそれに加えて、経済指標の発表で作られた上ヒゲの長いローソク足があります。

 

下の記事でヒゲの長いローソク足の特性に書いています。

 

 

上の記事では「長いヒゲができた方向には、すぐに更新されにくいという傾向がある」と説明しています。

 

ですので、今回の場合は「上ヒゲが長いローソク足ができている」ことと「下落方向の抵抗線を抜けるチャレンジを何回もしている」ことから、下落方向に相場が動くと予想できるのです。

 

ですが、今回は「この2つの傾向とは全く逆の動きをした」というケースです。

 

 

上の2つのケースだと、抵抗線付近で何度も反発をしている方向に順調に抜けていました。

 

ですが、今回は長いヒゲの特性も抵抗線の傾向の逆に相場が動いています。

 

このようにトレーダーが意識しやすい値、今回では上ヒゲの長いローソク足といった目立つ値の方向に相場が動く可能性も十分にあるということです。

 

その目立つ値を意識してポジションを作ったトレーダーが多ければ、そちらに進ませようと考えるでしょうし、何より反発を何度もしていると場合によってはその抵抗線を抜ける期待感がトレーダーたちからなくなると推測できるというものです。

 

抵抗線が上下にある場合は

”相場が動いた結果、値が近いほうの抵抗線の方向に相場が動く”

”極端に目立つトレーダーたちが意識しやすい値を目指してトレードをする”

ということも覚えておくとよいかと思います。

 

ですので、本章でのチャートパターンは経験上、間違いなく役に立つと考えていますが、「万能ではない」ということも、本記事で学んだことと一緒に覚えておいてください。

 

そして、実際の相場で検証してから、あなたの勝てるチャートパターンに加えていただければと思います。

 

ケース4(抵抗線と支持線の間隔が狭い)

 

上のチャートは今までのケースとは違った抵抗線と指示線による相場変動がみられたりします。

 

いわゆるレンジ相場と呼ばれる、買いと売りの勢力同士がせめぎあっている状態です。

 

こういった抵抗線と支持線が比較的狭く、上下のどちらともの抵抗をもつラインに迫っている場合にできすことがあります。

 

このような相場の場合は正直、相場観関係なしに近いラインの方向に力が加わることがほとんどなので、どちらのラインを抜けるかの推測が難しいです。

 

このような場合は下位足よりも上位足を見て、相場がどっち目線になっているかを確認することで対策がとれるかと思います。

 

それでも予想と反して相場が動く可能性が高いので、こういった相場は無理に相場変動の予想を立てずに、抜けた方向に沿ってポジションを作るということが望ましいと考えています。

 

 

上の抵抗線を抜けたことがきっかけとなり、圧倒的な買いの勢いが生まれたことが分かります。

 

この勢いに乗ることができれば、大きな収益を得ることができるようになるかと思います。

 

逆に「抵抗線に迫ったから、反発されると予想してエントリーしよう」という逆張り手法を取られている方は、一気に逆方向に相場変動が生じて大きな損失になりかねなので気を付けてください。

 

上のチャートは下のトレード日記のものです。

 

 

最後に

 

FXでの抵抗線と支持線の解説はいかがでしたか?

 

この抵抗線に関しては、FXでのエントリーや決算のタイミングに使えるということはご理解いただけたでしょうか。

 

私は経験からこの特性に気づき、現在までのトレードで活かしてきました。

 

そして、FXを始めて「抵抗が感じられる箇所で勝負をする」ということを念頭に置いて勝負をして、FXで勝てるようになりました。

 

ですので、私にとってはこの抵抗線を何よりもトレードの中で重視していたりします。

 

なにより、私のFXでの勝ちパターンで最も多い特性が抵抗線を絡めたパターンなので、割と自信を持ってお勧めしていたりします。

 

ですので、もしもあなたがFXで勝てなくて悩まれているとしたら、一度、ここで書いた内容を実際のチャートで検証してみてください。

 

ぜひ、この勝ちパターンを実際のあなたのトレードで検証して、良い結果に結びつけていただければと思います。

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました