FXのローソク足の分析とシグナルを解説【見方と使い方を学べば勝率UP】

テクニカル分析

どうも、むぅチャソです。

 

あなたはFXトレードでどのインジケーターを最も信用していますか?

 

『移動平均線』『MACD』『ポリジャーバンド』あたりでしょうか?

 

ちなみにボクは『ローソク足』を意識してトレードを行っています。

 

なぜなら…。

ローソク足は相場の最新の情報を表現した指標

だからです。

 

よく「テクニカル分析は過去のデータに過ぎないから意味がない」なんて言っている方もいらっしゃいます。

 

もちろん、それは正しいと思っています。

 

ですが、それは時間が経った過去のデータに当てはまると考えています。

 

できるだけ時間が経っていない今に近いデータを用いて分析をすれば、現在の相場はどうなっているのかっていうことは分かります。

 

そのできるだけ早いデータというのが、ローソク足にあたるといえます。

 

だから、ローソク足は最も意識すべき指標だと考えています。

 

なので、本記事では『ローソク足』の基礎からシグナルまでを説明していこうと思います。

 

FX初心者の方はぜひ、ローソク足の分析の仕方をマスターしていただければと思います。

 

本記事はこんな人におすすめ・FX初心者でローソク足について分からない方

・ローソク足の分析の基礎を知りたい方

 

スポンサーリンク

ローソク足とは

 

ローソク足とは過去の値動きを簡潔に表している分析ツールです。

 

そのため、値動きに関しては、どの分析ツールよりも値動き分析に優れているといえます。

 

なので、一般FXトレーダーでローソク足を使っていない方はほとんどいらっしゃらないと思います。

 

また、プロのトレーダーの中には移動平均線以上にローソク足を意識し分析して、成果を上げている方もいらっしゃいます。

 

つまり、シンプルな割にローソク足は奥が深く、分析ができるようになれば、FXでの勝率は上がるということです。

 

むぅチャソ

ローソク足は最強なんです!

ボクも基本的に他のインジケーターよりも、ローソク足の分析を徹底しています。

 

そんなローソク足の基本的な説明をしたいと思います。

 

 

上記の図がローソク足だとします。

 

左の白いローソク足を「陽線」、右の黒いローソク足を「陰線」と呼びます。

 

『陽線』のローソク足であれば、始値(はじめね)から始まり、上がったり下がったりして終値(おわりね)が始値よりも高い値に終値になったということです。

 

逆に『陰線』のローソク足であれば、始値から始まり、終値が始値よりも低い値で終値がついた状態のローソク足を言います。

 

その値動きの上下の際に始値から下がった場合には「下ヒゲ」を作り、高値(たかね)よりも低い位置で終値になった場合は「上ヒゲ」を作ります。

 

こういったヒゲや実体線の大きさから、容易に値動きの変動を確認し分析できるのがローソク足というわけです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ローソク足のシグナル【重要】

 

きっと、ほとんどの人が「トレードに活かせるローソク足のシグナルについて知りたい!」と考えているかと思います。

 

そのためにも、まずはそのローソク足の基礎となる『シグナル』について書いていこうと思います。

 

まず、ローソク足で意識しなければならないポイントとして”直近もしくは最近新しく作られたローソク足の形状”だとFXで収益を挙げているトレーダーたちはいいます。

 

そして、そのローソク足の形状から予測できることは”トレンドの転換の兆候”です。

 

ボク自身もこの直近のローソク足の形状から「これはエントリー(決済)タイミングかも」と相場の動きを予想したりしています。

 

なので、ここではトレンドの転換の兆候になりうる、ローソク足のシグナルについて説明していきます。

ローソク足の意識するポイント・ローソク足の実体線の大きさ

・ローソク足の形状

・ローソク足のヒゲの長さ

 

また、ここでの内容は見極めに経験を積む必要があるため、これをヒントに実際のチャートで検証するようにしてみてください。

 

ローソク足の実体線の大きさ

ローソク足がトレンドに逆らった向きに大きく動くことが多々あり、こういう場合はトレンド転換傾向にあります。

 

つまり、現在のトレンドとは逆の向きに実体線が伸びるということです。

 

もちろん、すぐに引き戻されて、再び元のトレンドに戻ることもあります。

 

ですが、大きな実体線を持つローソク足ができたとき、トレンド転換のきっかけになりうることは間違いありません。

 

判断の仕方

これは具体的に「〇pipsぐらい」といった基準はありません。

 

チャートのローソク足を相対的にみて、トレーダーたちが大きいと意識するかどうかなのです。

 

ですので、経験を積んで「これぐらい大きいと、トレーダーたちは意識してトレンドは転換する傾向にあるんだよな」といった感じに見極められるようにしていくことが大切です。

 

例えば、日足でみていたとして、上昇トレンドになってから5円相場が上昇したとします。

そのあと0.01円の下落しました。

 

この値動きの場合はトレーダーたちはさほど意識はしないと考えられます。

 

ですが、1円下落したら「これは下落の勢いが強いぞ」と考えるトレーダーは多いといえます。

 

そうなれば、多くのトレーダーがポジションを決済もしくはポジションの作り直しを行うことが考えられます。

 

そして、トレンドの逆方向に相場が勢いを持ち、トレンドが転換するかもしれないのです。

 

このように、チャート全体をみて、「トレーダーたちが意識するだろうな」と思える大きな実体線を持つローソク足ができたら、トレンドが転換するかもしれないということです。

 

実際のチャートでみてみる

上のチャートで説明してみます。

 

上のチャートでは、最近のローソク足たちと比較しても、大きいと感じるほどの実体線を持ったローソク足ができています。

 

これを見て、多くのトレーダーたちはどんなことを考えると思いますか?

 

「今まで下降トレンドだったけど、転換して上昇トレンドになるのでは?」といった今までのトレンドに逆らった勢いが生じたことで、今までとは逆の方向に相場変動していくのではないかと考えると思われます。

 

このように為替は集団心理で値動きをするモノなので、ローソク足の実体線の大きさは「トレンドの転換」の兆候であることが多いということです。

 

だからと言って、必ずトレンド転換するわけではない

「トレンドに逆らって大きな実体線を持つローソク足ができたから、確実にトレンドの転換するぞッ!」と思い込んでしまうのではNOッ!( ゚Д゚)なのです。

 

なぜなら、大きな実体線のローソク足ができても、強い引き戻しがある可能性が十分にあるといえるのです。

 

トレンドに逆らう力が働いても、そういう大きな相場変動には、その変動を修正しようとする逆の方向のポジションを持っているトレーダーがいますからね。

 

そうなれば、両方のベクトルの力比べになりますから、結果は分かりません。

 

そこらへんの見極めがプロと素人の技量の差といえると思います。

 

基本的にはどんな理屈も可能性であり、人間の心理が関わる以上、100%そうなることなんてありえないのです。

 

なので、大きな実体線を持つローソク足ができたら、「エントリーチャンス(決済)が来るかも」とタイミングを伺うようにしておくことと良いということですね。

 

スポンサーリンク

ローソク足の形

ローソク足のシグナルを表す形状として『十字架』『トンボ』『トウバ』といった3つの代表的な形状があります。

 

この3つの形状がチャート上に現れると「トレンドが変わるかもしれないから注意しておこう」とトレンド転換を察知するトレーダーもいます。

 

「なぜこの形になったのか」といったこの形になった理由を理解するとトレンド転換する理由も見えてきます。

 

ですが、こちらもこれらができたからといって、必ずトレンド転換するということではありません。

 

そこだけは注意してください。

 

それでは、上の3つの形状を説明していきます。

 

十字架

この十字架とは上にも下にもヒゲができているローソク足のことを言います。

 

これは始値から値が上下に変動したものの、最終的に始値に戻ってきたというパターンです。

 

この十字架は買いと売りの勢力のトレーダーたちが積極的に取引をしたが、各勢力同士の力の大きさが同じだったため、始値に戻ったということです。

 

つまり、”買いと売りの勢力が拮抗している”ということになります。

 

そして、この十字架が高値圏や安値圏で出た場合はトレンドが終了する兆候である可能性があります。

 

ボクは高値圏や安値圏でトンボが出た場合は、よくローソク足の動きを観察しています。

 

そういうときは大抵、はじめはローソク足の値動きがジリジリと上下していますが、その勢力の拮抗が崩れたとき大きく値動きする傾向があると感じています。

 

この時はきっと、多くのトレーダーは十字架の存在を知っていることから、「勢力が拮抗している…これは何かが起こるぞ(´・ω・`)」と成り行きを見守ることでしょう。

 

もしくは、トンボが出た瞬間にトレンドが変わると考え、決済やトレンドに逆らったポジション(逆張り)をとることも考えられます。

 

トンボ

トンボとは上ヒゲのない(短い)、下ヒゲの長いローソク足のことを言います。

 

このトンボは始値から大きく下落したものの、最終的には始値に戻ってきたパターンです。

 

このトンボは一時は売りの勢いが強かったけど、「これ以上の下落は許さん( `ー´)ノ」という買い勢力に下落を拒またということになります。

 

それに加えて、買い勢力が「われらの報復じゃ~(/・ω・)/」と巻き返してきたということになります。

 

つまり、「下げさせない」というトレーダーたちにより、“下からの強い反発を受けている状態”です。

 

そのため、トンボができた相場はある程度の期間、その下ヒゲの安値が強い抵抗線となり、その安値を低い値で更新する可能性が低いと考えます。

 

このことから、安値圏でトンボが確認出来たら、「下降トレンド → 上昇トレンド」に転換する可能性を考慮する必要があるといえます。

 

そのため、”売りポジションを持っている人は『決算』””買いの『エントリー』”に使えるサインということになります。

 

トウバ

トウバとは下ヒゲがない(短い)、上ヒゲの長いローソク足のことを言います。

 

始値から大きく上昇したものの、最終的には始値に戻ってきたパターンです。

 

このトウバは一時は買いの勢いが強かったけど、「オイオイ、上がりすぎじゃね?(*´Д`)」という売りの勢力が上昇を拒んだということになります。

 

そして、大きく逆方向に動いた相場を売り勢力が自分たちの利益にできるように元の位置まで引き戻したということになります。

 

つまり、「これ以上は上げたくない」というトレーダーたちにより、“上からの強い反発を受けている状態”です。

 

そのため、トンボ同様、ある程度の期間、その上ヒゲの安値が強い抵抗線となり、その高値を高い値で更新することが可能性が低くなるのです。

 

このことから、高値圏でトウバが確認出来たら、比較的高い確率で「上昇トレンド → 下降トレンド」に転換すると考えられます。

 

そのため、”買いポジションを持っている人は『決算』””売りの『エントリー』”に使えるサインということになります。

 

・十字架…買い勢力と売り勢力が拮抗している状態

・トンボ…勢力同士が競り合って、『買い』の勢力がかろうじて勝っている状態

・トウバ…勢力同士が競り合って、『売り』の勢力がかろうじて勝っている状態

 

ヒゲの長さ

ローソク足のヒゲの長さは相対的にみて、長ければ長いほど強い意味を持ちます。

 

というよりは、FXトレーダーたちが意味を持たせる傾向にあるということです。

 

高値圏で上ヒゲがとても長いローソクや、安値圏で下ヒゲがとても長いローソク足は将来的に意識されるポイントとなります。

 

私の経験上でも途轍もなく長いヒゲのローソク足ができたとき、ほとんどの場合が多くのトレーダーはそのヒゲは意識されています。

 

そして、そのローソク足の高値(安値)が『とても強い抵抗線』として働き、相場を反発させたり、勢いを持たせたりします。

 

むぅチャソ
長いヒゲを持つローソク足ができたら、エントリー(決済)のタイミング近いといえるかもしれないです。

ボクはいつも長いヒゲができたときは、大喜びをしています!

 

例えば、下降トレンドで安値圏で誰が見ても長い下ヒゲのローソク足が出てきたとします。

 

それから上昇トレンドに転換し、値が上昇していきます。

 

ですが、またトレンドが切り替わり、下降しますが、前回の下降トレンドで作られた安値圏にある長い下ヒゲの安値のところで途端に勢いがなくなるのです。

 

これは確実に、多くのトレーダーがその長い下ヒゲを意識しているといえると思います。

 

そのため、ローソク足のヒゲの長さも意識してFX取引を行いましょう。

 

私の「ヒゲの長いローソク足ができたときの勝ちパターン」を下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

最近のローソク足の陽線と陰線の数も意識

 

上記の章の説明では単体のローソク足について説明しました。

 

ですが、ここでは複数のローソク足でのシグナルについて書いていきます。

 

これはとても基本的で当たり前のことでもあります。

 

それはローソク足の陽線と陰線の数”です。

 

この2つのローソク足の数を知ることで現在のトレンドの強さを確認することができます。

 

陽線のローソク足が多く、移動平均線も右肩上がりになっていれば、それは上昇トレンドであり、上昇方向への勢いにも確信を持つことができるということです。

 

目安としては、上昇トレンドの場合は陰線よりも陽線が大体2倍程度であれば、それなりに強い上昇トレンドだといえるかもしれません。

 

これが確認できたら、上昇トレンドであれば「買い」でエントリーをし、下降トレンドであれば「売り」エントリーをするといった、相場への自信を持った決断で取引を始めることができるかと思います。

 

こういった当たり前のことを確認して、トレンドに逆らった取引をしないように心掛けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ローソク足の見方

 

上記で説明したローソク足が見せるシグナルや複数のローソク足からトレンドを見極めることも大切です。

 

それに加えて、ローソク足を波として捉える考え方が重要だということも覚えておいてください。

 

つまり、そのローソク足がどのようにして形成されたのかを考えるということです。

 

完璧にどんな動きをしたかは分からないにしろ、ローソク足を波としてイメージできていなければなりません。

 

イメージ的には下の図のような感じです。

 

 

上の図で説明してみます。

まず始値から少し下落します。

 

ですが、買い注文がたくさん入り、グングン上昇していきます。

 

そして、最後に高値で勢いが終わり、終値になるといった感じです。

 

意外と簡単ですよね。

 

「これで何が分かるの?」っていう印象かもしれません。

 

ですが、これができるようになると、短時間という小さなスパンで勢力はどのようなバランスになっているのかを理解することができるといえます。

 

 

最後に:ローソク足はどのインジケーターより先に習得すべき

 

ローソク足は移動平均線よりもMACDよりもポリジャーバンドよりも先にマスターしておくべきだと考えます。

 

なぜなら、冒頭でも説明しましたが、最も新しい相場を表すデータであることから、最も信頼できる分析結果が出せるからです。

 

それなのに、FX初心者は今時っぽいMACDやポリジャーバンドから初めてしまうんですよね。

 

確かに分かりやすいシグナルを出してくれるため、FX初心者でも理解しやすいのですが、それらのインジケーターだけで判断するのはあまりにも危険すぎます。

 

そして、FXトレードでは根拠が多いほうが精度が高くなりますから、複数のインジケーターを使うのは全然アリです。

 

ですが、一番信頼がおける指標を使いこなせないままでは、FXで安定した収益を挙げることはできないと考えています。

 

ですので、まずはローソク足といった相場の最新のデータ扱う指標を意識したトレードをしてみてください。


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました