FXのトレンド相場と有効なポジションの取り方を解説

テクニカル分析

 

FXの「トレンド」とは為替相場の流れのことを指します。

例えば、相場が上向きであれば「上昇トレンド」、下向きであれば「下降トレンド」といったような感じです。

為替相場では、一度相場に流れが生まれてしまえば、次の相場の流れが生まれるまでの間は1つの流れが続きやすいとされています。

上昇トレンド中なら上がり続け、下降トレンドなら下がり続けるといった傾向があります。

そのため、「トレンド」の流れに乗ることができれば、大きく収益を上げることができるというわけです。

 

このことから、FX取引をするにあたって、「トレンドを読む能力」は途轍もなく大切なことだといえます。

本記事では、3つの相場の特性と有効なポジションの取り方をご説明したいと思います。

 

スポンサーリンク

上昇トレンド

 

上昇トレンドとは、上記の図のように赤い丸の前回の高値と青い丸の安値の値を高い値で更新しながら上昇していく変動のことです。

また、上昇トレンドはただ上昇し続けるのではなく、所々反発(押し目)を作りながら上昇していきます。

多くのトレーダーは上昇トレンドでは、トレンドが作られる事前か、押し目の際に「買い」ポジションを取り、収益を上げています。

 

上の画像のチャートが実際の上昇トレンドのチャートになります。

実際に上昇トレンドが出来上がっている状態でみると明らかですが、①と②を比較しても①高値と安値を②は高い値で更新しているかと思います。

それ以降も高値と安値を更新していってるのが分かるかと思います。

これが上昇トレンドだということです。

 

 

スポンサーリンク

下降トレンド

下降トレンドとは、上記の図のように赤い丸の前回の高値と青い丸の安値の値を低い値で更新しながら下降していく変動のことです。

また、上昇トレンドと逆で、ただ下降し続けるのではなく、所々反発(戻り目)を作りながら上昇していきます。

多くのトレーダーは下降トレンドでは、トレンドが作られる事前か、戻り目の際に「売り」のポジションを取り、収益を上げています。

 

上の画像が実際の下降トレンドのチャートです。

上の画像を見ても分かるように、①と②を比較しても、①の安値と高値を②のどちらも低い値で更新していることが分かります。

それ以降も安値と高値を低く更新し続けています。

これが下降トレンドだということです。

 

 

スポンサーリンク

横ばい(レンジ)

これは上昇トレンドでもなく、下降トレンドでもない、3つ目の相場です。

買い勢力と売り勢力が交互に競り合っている状態です。

上昇トレンドの最中でできたレンジであれば、上の赤い線が抵抗線と下が支持線、レンジの中心あたりはレンジの中で勢力の競り合いが強いタイミングでもあります。

それを何度も繰り返して上がったり下がったりすることでレンジが生まれます。

 

高値と安値の値に差がある大きなレンジであれば、ポジションをとって取引をすることも可能です。

ですが、レンジだからと言って、抵抗線に差し掛かったから「売りで入ろう」、支持線に差し掛かったから「買いで入ろう」といった安易な考えでポジションをとるのはお勧めしません。

なぜなら、上昇トレンドの際に作られたレンジの抵抗線を抜けるときには一気に上昇する傾向があるため、トレンドに逆らった取引(逆張り)は大きな損失になりかねないのです。

また、支持線であれば、1回抜けてそのあと、支持線まで引き戻してくる傾向があるため、運が良ければ戻ってくる可能性があります。

 

どちらにしろ、レンジだからと言って、頻繁にポジションを取るのはお勧めをできないのです。

 

 

スポンサーリンク

トレンドのポジションの取り方

 

トレンドに沿って取引をする」ことが大切です。

また、押し目(戻り目)を狙ってポジションを取るのがベターですね。

例えば、上昇トレンドで説明してみます。

 

上の図で赤い丸がついている押し目部分で「買い」ポジションを取ることが理想的です。

1つ目の押し目で買いのポジションを取るのは度胸がいるかもしれません。

そういった場合は、「1時間足」「30分足」「15分足」「5分足」が上目目線に向いているかを確認をしてから、自信をもってポジションをとるようにしてください。

 

また、上の図には「△」と「×」があります。

「△」に関しては、ロウソク足やトレンドの勢いから推測が立てられているのであれば、ポジションをとっても良いという意味です。

ですが、「△」のタイミングでは積極的には取引をしないほうが得策かもしれません。

そして、「×」に関しては取引はしてはいけません。

なぜなら、上昇トレンドの勢いがなくなっていることが分かるからです。

というのも、前回の高値を高い値で更新していないためです。

また、安値も前回の安値を高い値で更新していません。

こういった場合、トレンドの転換の兆候でもあることがあります。

 

上記のことから、高値と安値が高い値で更新し続けている状態、つまりトレンドに勢いがタイミングでトレンドに沿ってポジションをとるようにしてください。

 

 

横ばい(レンジ)のポジションの取り方

 

レンジの時は「抵抗線」を狙った取引がお勧めです。

上昇トレンドの最中のレンジは多くのトレーダーは上に抜けると考えていると思われます。

そのため私の手法になりますが、抵抗線付近で「買い」のポジションをとり、抜けるようなら、持ち続けます。

逆にロウソク足をみて、下に引き戻されそうであれば、決算し、再び抵抗線付近に差し掛かるタイミングをうかがいますね。

そうやって何度もポジションをとり、一気に抜けたときが「ボーナスタイム突入」というわけです。

 

ですが、FX初心者の方は、あまりレンジ中の相場で取引するのはお勧めできません。

この私の手法も、ある程度経験を積んで、ロウソク足を読めるようになってから、試してみてください。

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました