FXで9割の人が負ける理由 – 勝てない理由はプロスペクト理論にある!?

FXコラム

 

『人は1万円を得した経験よりも、1万円を損した経験のほうが大きな出来事として捉える傾向にある。』

 

誰もが「損をしたくない」と強く考えると思います。

そして、不確実な利益よりも確実に得られる利益を選ぶ選択したくなることがあります。

 

この心理的傾向のことを『プロスペクト理論』と言います。

 

このプロスペクト理論を理解していない人がFXで勝てないといえるでしょう。

 

本記事ではFXで勝つために理解しなければいけないプロスペクト理論について解説していきます。

 

スポンサーリンク

プロスペクト理論とは

 

プロスペクト理論とは、利益を得るときは確実に手に入る選択を優先し、損失を被るときは損失を回避しようとすると心理的傾向のことを言います。

 

アメリカの心理学者・行動経済学者の「ダニエル・カーネマン」はこの理論で2002年にノーベル経済学賞を受賞しています。

 

世の中から評価された権威ある人のプロスペクト理論は確度の高い理論であり、人の生活の中で頻繁に出くわす金銭的なケースで用いられることから、理解しておきたい理論だといえます。

 

 

スポンサーリンク

損失が出ているポジションを持ち続けてしまう

 

プロスペクト理論では「人は損失を被るのを避けようとする」と説明しました。

 

FX初心者がよくやりがちな”損失が出ているポジションをズルズルと持ち続け、大きな損失にしてしまう”という悪いトレードの仕方があります。

これは”損失を確定させる決断を避ける”ために起きる状況だったりします。

 

一般の人であれば、チャートを分析して、それなりに根拠が自分の中にある状態でエントリーをされているかと思います。

もしかしたら、相場を読むことができないにも関わらず、「自分の分析が正しい」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

基本的には短期的な相場を読むことは長期的な相場を読むよりも比較的推測しやすいですから、エントリー時はうまくいっていたりします。

 

ですが、この自分の推測と反して、相場が逆方向に進み始め、マイナスになったらどうでしょうか?

きっと一般の方は初めはうまくいっていたことから、「相場はこっちに動くはずだから、このままポジションを持っておこう」と相場がエントリー時の値に戻るのを待つという選択をする傾向にあるかと思います。

 

損失を出しているポジションを持ち続ける人は根拠があってポジションを持っているように見えて、実際は損失を確定するのを避けているためにポジションを持ち続ける理由を作り出している場合がほとんどだったりします。

 

そもそも損失がどんどん大きくなっていく時点で損切ラインが設定できていないか、トレードルールが守れていないわけですから、そういう人はFXで勝てるようにはなりませんよね。

 

プロのトレーダーは損失が大きくなる状況を好みませんし、次のトレードに進めなくなることを嫌がるため、素早く機械的に損切を済ませ、次のトレードに向けて分析を始めるようにしていると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

利益を小さくしてしまう!?

プロスペクト理論では、「人は利益を得るときは確実に手に入る選択を優先させる」と説明しました。

 

FX初心者は”トレード中の利確のタイミングが早い”という傾向にあります。

この傾向は「今決算をすれば利益が得られるけど、もしも逆方向に相場が動けば今の利益が小さくなってしまう」といった考えを持ってしまうためです。

ですが、その後、自分がエントリーしていた方向に相場が動き続けて、「ポジションを持ち続けていたらまだまだ利益が得られた」なんていう状況になるとことがほとんどだったりします。

 

つまり、現在目に見える利益を得ようとするあまり、本来得られるはずだった利益を逃し続けてしまうということです。

 

この「今決算すれば確実に手に入る利益を優先したくなる」という考え方を持ち続けてトレードをしていると、利益が小さい状況ということになりますから、1度の損失で今までの利益を失う『コツコツドカン』状態になりやすいといえます。

 

こういったコツコツドカンに悩まされている方は、損失を抑えることだけでなく、利益が十分に得られる理想的な利確手法を作りこんでいく必要があります。

私が利確をするときは下の記事のような手法を取っています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

損失を被ると無茶なトレードしてしまう!?

 

FXをされている方であれば経験があるかもしれませんが、思っていた以上に損失を出すと、その損失を取り戻そうと躍起になって、大きな掛け金で無茶なトレードをしてしまうみたいな。

 

この状態もプロスペクト理論で説明がつきます。

 

その”損失を被って嫌な気持ちになっている状態から逃れよう”と普段の自分だったらしないような選択を平気でしてしまうということです。

 

人が最も行動力を発揮するのは苦しいことから逃れるときだと言われています。

FXで言えば、この苦しいときというのは許容できる範囲以上の損失を被ったときだといえます。

 

この損した状態で終わりたくないという気持ちが強く出るとき、さらに大きな損失に繋がってしまうことがあります。

 

FXで損失ばかり出している方は、まさにこの最悪なトレードをしてしまっている可能性が大いにあります。

 

 

FXで勝ちたいならプロスペクト理論の逆をいくべき

 

FXでは本記事のテーマである『プロスペクト理論』を理解していないことから9割の人が総合的にFXで負けていると考えられます。

なぜなら、損失を恐れるあまり、トレードで重要とされている『損切り』『利確』が思うようにできていなかったり、無茶なトレードといった絶対にしてはいけないことをしてしまっているからです。

 

そんな人がFXで勝っている1割のトレーダーになるには、このプロスペクト理論を理解し、その逆の思考パターンを実施できるようにする必要があるかと思います。

 

例えば、トレードで負け続けているときには、「いつもは損失を出したら損切を渋っているよな」と考え、いつもの損失を膨らませてしまう状況を回避するために、損切ラインをきっちり設定して、そのラインを越えたらすぐに決算をするようにしたり。

利益を得られる状態で、利益を大きくするためにあえて利確タイミングを遅らせてみたり。

 

こういった「損失を恐れないトレードをする」「利益をすぐに得ようとしない」といったプロスペクト理論の逆をいくことで、劇的にFXでの勝ちが増えると考えられます。

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました