損切りで絶対にやってはいけないこと

FXコラム

 

FXトレーダーにおいて”損切り”はとても重要なポイントです。

そんな損切りで「これをやったら、絶対にダメでしょ!」と言いたくなるようなことがあります。

本記事では損切りでやってはいけないのランキングトップであろうことについてお話していきます。

 

スポンサーリンク

損切りでしちゃいけないこととは?

 

きっとFXで稼げていない人は、これをやってしまっている方が多いかと思います。

 

それは…

”損切りラインを変えてしまう”

ということです。

 

あなたはこれをやっちゃっていませんか?

やっているとすると、絶対にFXで勝てていないと思います。

それぐらい、損切りラインを変えるということはFXトレーダーとして実力がないことの証明でもあるといえるのです。

 

スポンサーリンク

損切りラインを変えるとどうなるの?

 

「別に損切りラインを変えることだってあるでしょ」と変えることが当たり前になっている方は、FXで稼ぐことはほとんどできないと思います。

なぜなら、気分で損失ラインを変えることができてしまう方は、それだけ損失が膨らんでいく可能性があるといえるからです。

 

「さっきまで相場の流れが自分の想定通りで調子よかった」

でも、急に下がって損切りライン抜けちゃったよ…」

「でも、さっきまで調子よかったわけだから、持ち直すかもしれないな!」

こうやって、自分の想定とは逆の変動してしまったことを偶然だと考え、損切りラインを変えていってしまうのです。

また、損失が恐ろしくて、損切りが機械的にできなくて、ズルズル下げていってしまうのも、FXで上手くいかない原因です。

 

スポンサーリンク

損切りラインを変えてしまう原因は?

 

損切りラインを変えてしまう原因として、

”分析が不十分である”

”損失を恐れている”

”偶然を期待している”

の3つが挙げられるかと思います。

 

分析が不十分である

まず、最も多い原因がエントリーの時点でしっかりとチャート分析ができていないことなんですよね。

そもそもチャート分析がちゃんとできていれば、自分の相場観が間違ていたと気づいたら、損切りラインを変えるどころか、損切りライン到達前に決算ができてしまうわけですから。

また、チャート分析ができるだけの実力を経験から得ていれば、偶然を期待するなんてことはありません。

 

ここでの対策では、もはや経験を積んで分析の技術を磨くしかないんですよね。

なので、1度のトレードが終了するたびに、今回のトレードがなぜ上手くいったのか、上手くいかなかったのかを振り返りながら、トレード経験を積んでいくことをお勧めします。

 

損失を恐れてしまう

誰もが損失を恐れるかと思います。

それこそ、何百万も何千万もFXで稼いでいるような方でさえ、損失を恐れることがあるかと思います。

 

だからこそ、損失が大きくならないように、きっちりと相場的に自分が許容できる損失のところで損切りラインを設定するのです。

また、損切りをするときに、損失を恐れて判断が鈍らないように、損切りを機械的に行うのです。

 

ですので、損失を恐れてしまうのであれば、損失をもろに受け止めなくて良いような心持ちと工夫を考えてみるのが良いかと思います。

 

偶然を期待している

損失が出てしまっている時には、偶然を期待したくなるものです。

ですが、そのほとんどが期待を裏切られる結果になるかと思います。

 

そのため、勝ち組トレーダーはトレードする前に「偶然なんてない」と切り捨てて考えている方が多いような気がします。

もちろん、偶然で大金を得た人は、偶然に期待してしまうかもしれませんが、そんなの稀なパターンです。

 

偶然を期待して、裏切られた経験がある方は、神様にお願いする前に損切りしたほうが良いかと思います。

それこそ、本当の意味で神様にお願いするしか方法がなくなってしまう前に行ったほうが、後々後悔しなくて済むかと思います。

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました