FXでの勝ち組トレーダーの意思決定までのプロセスを解説!

FXコラム

 

FX初心者がやりがちなのが、トレードを成り行きで行っているということです。

これは、何も考慮せずに気分でエントリーや決算を行っているということです。

そのため、常にトレードの手順が変わってしまっているのです。

ですが、勝ち組トレーダーは決まったプロセスを踏み、トレードにおいて意思決定を行っていることが多いです。

ですので、本記事では、FXトレードをする上での、プロトレーダーの意思決定までのプロセスを解説していこうかと思います。

 

プロトレーダーの意思決定までのプロセスは下記の1から順に行っていきます。

  1. チャートを見る
  2. 相場観を立てる
  3. ポジションをつくる
  4. 相場観の修正

 

このプロセスを1から順に解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

チャートを見る

 

これはFXで収益を挙げているトレーダーが必ずと行っていると言って良いほど、行っているフェーズだといえます。

取引において、常に「チャートを見る」ことから始めているのです。

 

ここで何をするかというと、

”相場の状態を把握する”

ことなのです。

 

このフェーズでは、「上がる下がる」などの大きなモノではなく、相場を状態を情報として捉えて収集していきます。

「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ」といった相場の状態をチャートを見てどうなっているか確認します。

それに加えて、トレンドがあるのであれば、現在地はトレンドのどこら辺に位置しているのかといった、ポジションを作る際に欠かせない判断材料も見つけておくのです。

また、次のフェーズの「相場観を立てる」でも必要になる、相場の向きを移動平均線から把握しておくのです。

上のようなチャートの場合は、上記のようなことが分かりますよね。

こうなれば、元々は上昇トレンドだったが、上昇トレンドの高値と安値を下に更新している。

それから上昇はしたものの、レンジ相場になってしまっている。

このように部分的なチャートを情報を集めていくのが、このフェーズで行うことになるわけです。

 

 

スポンサーリンク

相場観を立てる

 

「チャートを見る」では、現在までの相場の情報を集めたかと思います。

その情報を使って、ここでは

”これからどのように相場が変動していくかを推測する”

を行います。

 

ここですることは、あくまで主観的な推測、つまり”相場観”になりますので、100%当てようと躍起になることはありません。

ですが、それでもエントリーする前のフェーズですので、ある程度の精度は要求されることにはなります。

上のチャートで簡単に相場観を立ててみると、2種類の矢印のような変動をすると推測できます。

チャートの現状ではレンジ相場です。

そして、そのレンジ相場になる前には、上昇トレンドでした。

そうなれば、一般的に考えてみると、レンジができてから時間が経っていなければ、レンジ前のトレンドの方向に勢いがあることが多いです。

そのため、上向きにレンジブレイクする可能性が高く、レンジブレイク後には引き戻すことなく、上昇していくと考えられます。

ですが、上記は一般的な考え方で、現実的な考慮は入っていません。

私の場合はレンジ前の上昇トレンドは継続時間が短く、勢いがあまり強いとは思えません。

ですので、様子を見てですが、次に下の支持線に迫るようであれば、チャートの青い矢印も十分にあり得るかと考えています。

ちなみにレンジ前のトレンドの逆方向にレンジブレイクした場合は、チャートの青の矢印のように、支持線を抜けて、一度支持線まで引き戻される傾向にあります。

 

このように、主観的な相場変動の推測をしておき、エントリーのタイミングを逃さないように入念に準備をしておくのです。

 

 

スポンサーリンク

ポジションを作る

様々な分析から、自分なりの相場観が立てられたら、次にやっとポジションを作るフェーズになります。

ここでやるべきことは

”エントリーすべきタイミングを見極める”

”ロスカットラインを設定する”

ということになります。

 

上のチャートにある青い枠と赤い枠が、私にとってはポジションを作るタイミングになるかと思います。

上のチャートは現在の値は、抵抗線にもなる近々の高値を更新しそうになっています。

これなら、抵抗線を抜けるチャレンジをする可能性が高いです。

 

では、そのポジションをつくるタイミングである青い枠から、解説していきます。

青の枠に関しては、最も近い抵抗線を越えた部分になります。

なぜなら、FXトレーダーは現在の値に近い高値や安値を意識してトレードをしています。

青い枠はその直近の高値である抵抗線を越えるかどうかといった部分なのです。

基本的に抵抗線を抜けるときには、勢力同士で強い競り合いがあります。

そして、抵抗線を抜ける方の勢力が勝つことがあれば、その方向に大きく変動する傾向にあるのです。

上のチャートは時間帯が真夜中なので例が悪いですが、頻繁に取引が行われている時間帯であれば「グーンッ」と上昇してもおかしくないのです。

 

つまり、ポジションを作るときに考慮すべきポイントに”ローソク足の勢い”がある状態になるわけです。

このことから、上のチャートであれば、次の抵抗線を越える期待を込めて、この青い枠で買いポジションを作ることも可能だということです。

 

そして、上のチャートで最もポジションを作るタイミングが赤い枠になります。

これは、「相場観を立てる」で行った、相場観を考慮したタイミングだといえます。

ですが、FX初心者などの損切りが上手くできない方は、上昇トレンドに入ってからにポジションを作ったほうが良いので、赤い枠よりももっと高い位置でポジションを作ることをお勧めします。

 

そもそも、相場観関係なしにレンジブレイクのタイミングは大きな変動が予想できると言うのも1つにあります。

ですが、それ以上にレンジに入る前の相場が上昇トレンドだったということを考慮すると、十分に上昇トレンドが生まれる可能性があるのです。

また、赤い枠でポジションを作るのであれば、損切りラインは青い枠の抵抗線に設定できるかと思います。

 

このように、相場観を立てたことで自信を持ってポジションを作ることができるのです。

 

 

スポンサーリンク

相場観の修正

 

ポジションを作ったら、終わりではありません。

次にリアルタイムで相場観を修正していかなければなりません。

 

ここでやるべきことは

”ポジションを保有し続けるかの判断”

になるかと思います。

 

結局、いくらエントリーする前に、入念に分析をして、相場観を立てても、そのまま相場が動いてくれるかはわからないわけです。

そうした場合、前の相場観のままでは、現在の相場の動きが反映されていないので、ただの勘に成り下がってしまうのです。

ですので、トレード中も常にローソク足や移動平均線などを用いて、分析し、相場観を立て続けなければいけないのです。

そうすることで、できるだけ多くの利益を上げるための利確ポイントを見極めるのです。

 

 

以上が、勝ち組トレーダーの意思決定までのプロセスとなります。

FXで収益を挙げられない方は、まずは勝ち組トレーダーの考え方を真似して、収益を挙げる感覚を覚えることが必要だと考えています。


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました