FXで得た収益の管理の仕方【資金管理ができてないと博打になるかも】

FXコラム

どうも、むぅチャソです。

 

あなたはFXで生んだ利益をどうしていますか?

 

ほとんどの人はパチンコで挙げた収益のように「自分の好きなモノを買うために使っている」のではないでしょうか?

 

ちょっとそれだと結果的に損をしてしまっているかもしれませんよ。

 

ということで、本記事では「FXで生んだ収益はどう管理すると良いのか」をテーマについて書いていこうと思います。

 

これはボクが実践しているやり方でして、別にこれが正しいというわけではありません。

 

なので、「そういうお金の管理の仕方があるんだぁ~」程度に読んでいただければと思います。

 

それでは初めの段階ですることから説明していこうと思います。

 

スポンサーリンク

1.まずは利益が出たら、すべて個人口座に移動させる

 

これは資金管理の第1ステップです。

 

ここではFX初心者が利益を上げ始めたときに、まずすることについて書いていきます。

 

FX初心者のときの投資金額について

FX初心者の方で利益をあげた場合は、FX口座から個人口座にすべて移動させます。

 

私が初心者だった頃は毎月月末に元本を引いた差額分はすべて、自分のプライベートの口座に移動させていました。

 

その理由は…。

FXで得た利益が元本金額まで達するまで掛け金として使わない

といった考えがあるからです。

 

つまり、元本とこれまでのFXトレードでの利益の金額が同じになるまで投資資金として使わないということです。

 

 

例えば、元本が10万円だとしたら、FXでの利益が12万円出すことができれば、2万円は確実な利益になるということです。

 

元本はもともと持っているお金を投資に回したモノで、かつFXで使う資金はなくなる可能性があります。

 

ですので、元本が10万円だったら、FXで10万円の成果を出すまではその元本の10万円は手元に戻らないということです。

 

なので、私はFXトレードで元本を超えるまでは手に入れたお金はまだ利益とは言いづらいと考えます。

 

ですが、元本を超えて元々の資金が手元に戻ってきたら、それ以降のFXで得た利益は自由に使える利益になるということです。

 

 

投資のはずがパチンコ感覚になってしまうことも

基本的にはFXで勝ち続けることはほとんどありえないからです。

 

「勝って、負けて、また勝って…」みたいなことを繰り返していくわけです。

 

そうなると、一時的に儲かったからといってモノを購入していたら、損失を被ったとき当初の元本を下回る可能性がでてきてしまうわけです。

 

そして、元本を基に戻そうと躍起になって無茶な相場に手を出したり、自分の懐から足りない分を継ぎ足すといった形になることが多いと思います。

 

これだと本当にパチンコのように、合計でいくら収益を挙げているのかが曖昧になり、どんどん資金を減らすことに繋がることもあるのです。

 

パチンコをやっている人はきっと一時的に儲かって「上手くいってるぞ」と考えている方が多いかもしれませんが、実際は合計では結構な損失を出してしまっていたりします。

 

こういった博打と変わらない資金管理の仕方では、損失をだしたことで学び、成長するチャンスを逃しやすかったりもします。

 

ですので、FXでの利益が初期の元本に達するまでは一定期間ごとに個人口座に移すといったことをしたほうが良いかと思います。

 

まぁ、別にそのままFX口座に入れっぱなしでも構わないのですが、それだと気の迷いで「掛け金を増やしてトレードしたい」という欲望も出てきてしまいます。

 

そうなると、慣れないうちから掛け金が大きくなってしまい、結果大きな損失に結びついてしまうなんてこともありますから注意が必要なのです。

 

 

スポンサーリンク

2.利益の半分を個人口座に移す

 

次にFXでの利益が元本を超えたときの資金管理の仕方です。

 

割とここからは個人的な考えだといえるので、「むぅチャソとかいう、FXをすこし詳しいヤツが言っている」程度に思っていただければと思います。

 

では、FXでの第2ステップの資金管理方法です。

 

最終的な投資掛け金の目標金額を決める

まずは「ここまで資金が増えたら、あとは全部利益としてとろう」思える金額を設定するということです。

 

例えば、FXで使う証拠金として100万円を目標にしたとしたら、その証拠金が100万円を超えたら、それ以降はすべて利益として個人口座に移動させ、完全に利益確保させるということです。

 

上でも説明しましたが、100%FXで勝てるわけではありませんから、利益が出るごとに掛け金を増やすというやり方は利益も大きいですが、損失も大きくなります。

 

そうやっていつまでも掛け金に制限をかけられないと、何年もかけて集めてきた資金が一瞬でなくなる可能性だってあります。

 

ですので、どこかで確実に利益を確保できるタイミングを設定したいところではあるのです。

 

それ以降はFXではなく、ほかの投資(株式、投資信託)で運用するなどしていくとリスクの分散もできますし、堅実に資産を大きくしていけるかと思います。

 

「投資で作ったお金は投資に使う」というのが、一般人がお金持ちになれる堅実な方法だと思っています。

 

目標金額まで達するまで利益の半分は個人口座に移動

「もう元本分はFXで回収したから、利益も掛け金に加えて一攫千金コースだぜ!」というのも分かるんですよ。

 

「早くお金持ちになりたい」と考えている人は、絶対に利益も加えてそのままトレードしているかと思います。

 

ですけどね…

利益ごと掛け金に使っていたら、FXで大きな損失を被ったとき、今までトレードに費やしていた時間が無駄になる

とは思いませんか?

 

その損失を被ったときのために、私は月末にその月に挙げた利益の半分を個人口座に移しているのです。

 

これだと、ほとんどあり得ませんが、損失でFX口座に入っている資金をすべて失っても、「半分の利益は残っているし大した痛手ではない」と考えられるかと思います。

 

FXトレーダーの利益は費やした時間と同等の価値を持ちますからね。

 

 

スポンサーリンク

3.不必要にFX投資資金を増やさない

 

最後のステップになります。

 

ここでは「もっと儲けたいという気持ちから投資資金を増やしてトレードし始めてしまう方は注意が必要です」といったお話になります。

FX関連のブログを読んでいると、たまに成果実績として具体的に資金の増減を提示されている方がいます。

 

そういった方の資金の推移をみてみると、増減問わずFXで稼いだ資金のみでトレードをされていることが分かります。

(もしかしたら、利益と称してプライベート口座から移動させているかもですが…)

 

つまり、「元本とFXで稼いだ資金は投資で使い、それ以外からの資金追加はない」ということです。

 

中級トレーダーの中には「FXでもっと大金を稼ぎたい」と思うあまり、プライベートで稼いだお金を投資資金に加えるという、わざわざ不必要なリスクを負うという状況を作ってしまっている人がいるんですよね。

 

確かに必要な時にリスクを負うのも大切なのですが、きっと多くの人はリスクを負うタイミングを気分で決めているような気がします。

 

相場の動向を予測できるようになって、理論的に「これはチャンスだ!」と判断できるようになったときが、リスクを負うタイミングです。

 

 

スポンサーリンク

最後に:資金管理によって投資なのか博打なのかが変わってくる

 

簡単にではありましたが、FXでの資金管理の話を書いてみました。

 

そして、この資金管理は投資をされる方では重視されている方が大勢いらっしゃいます。

 

そのため、本記事でこのテーマを取り上げました。

 

「資金管理よりも分析技術のほうが重要じゃん」と思われている方もいますよね。

 

ですが、こういった資金管理をしっかりしてていないと投資のはずがパチンコのような、「いままででどれぐらい稼いだっけ…」といった状態になることがほとんどです。

 

そうなれば、気分で投資資金の追加を頻繁にしてしまい、「お金を稼ぐ」という目的とは程遠い行為になってしまうことがあるんですよね。

 

ですので、「これからFXで稼いでやろう」と本気でお考えの方は、トレードをしながらでも資金管理の方法を自分の中で確立しておくとよいかと思います。

 

これは私生活でも金銭管理としてお金の流れを把握するという意味では当たり前の取り組みといえるかと思います。

 

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

これで『堅実なFXでの資金管理』のお話を終わりたいと思います。

 

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました