FXトレードでの失敗【これまでのFXでの失敗を書いていこうと思う】

FXコラム

どうも、むぅチャソです。

 

みなさんはFXで「うわぁ、失敗した…」というときありませんか?

 

ボクはFX初心者の頃、たくさんありました。

 

「前もこれで損したよなぁ、なんでなんかも判断を間違えてしまうんだ」みたいなことが結構ありました。

 

でも、この失敗した経験を集めて対策をじぶんなりに考えていくということをしていくと、徐々にFXで成果が出せるようになったりするんですよね。

 

なので、本記事ではこれまでにボクが経験した失敗について書いていこうと思います。

 

割と自分のトレードのどこがいけないのか気づけなかったりするものですから客観的に他人の失敗を認識するのも、良い経験になるかもです。

 

また、「自分だったらこうするな」といった感じで、他人の失敗をも対策を考えるようにしてみると、自分のトレードにもせるかもです。

 

ということで、ボクでは力不足かもですが、参考程度に読んでみてください。

 

スポンサーリンク

損失が恐くて損切りができなかった

 

これはFXを長年やっている方でも、ときに陥る失敗だったりします。

 

損切りをするということは損失を自分自身で確定するということです。

 

この「損失を確定する」という行為は精神的につらいものがあるわけです。

 

だって、「もしかしたら、ここで確定をしなければ戻ってくる可能性だってある」わけですから…。

 

この決断ができなくて、FX初心者だったころは損失が大きくなって、結局渋々損切りするといった経験をたくさんしてきました。

 

もちろん、待っていたら、マイナスからプラスに転じることもありましたが…。

 

投資ってこういった悪いトレードのやり方でもよい結果になることもあるというのが、くせ者だったりするんですよね。

 

でも、損切りができなくてFX初心者のころは、初期投資金額の半分以上をなくしまったんですよね…。

 

『損切りができない』の対策

損切りラインをしっかり設定して、そのラインを越えたら機械的に決済するようにする。

(逆指値注文を入れておいてもいいですね。)

 

ちなみにボクが「損切りをする大体のタイミング」と「トレーダー意識しやすい抵抗線」について書いた記事を下に貼っておきますので、ぜひ参考にして実際のチャートで検証してみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

相場が読めないのにポジションをもってしまった

 

これはお金儲けに憑りつかれている人にありがちな失敗です。

 

それでもやっぱり、お金が欲しくて仕方がないFX初心者の方に多いと思います。

 

こういった自分自身が納得できないエントリーは、ほとんどの場合が損切り自体のタイミングも分かりませんから、気分ではじめ気分で終わるトレードになってしまうんですよね。

 

これではFXの鉄則である『大きく勝ち、小さく負ける』は実現できないのです。

 

ボクもはじめの頃は、1日会社で働く金額よりも多く稼げたこともあり、「FXをやりまくれば、お金持ちになれる!」と考えて、無理やりトレードをしていました。

 

それこそ相場が乱れて全く先が読めないような相場でもトレードをしていましたし、相場の勢いが停滞しているときでもポジションを持ったりしていました。

 

そういう時はたまたま上手くいくこともありましたが、やむなく損切りをしていることのほうが多かったような気がします。

 

『相場が読めないのにトレードをしてしまう』の対策

「相場が読めない場合はトレードをしない」は守るようにしてください。

根拠のなく始めたトレードは博打となんら変わりません。

 

 

スポンサーリンク

ネットの情報をあてにしてしまった

 

ネットの情報をあてにしてしまうというのは、トレードを理論立ててやれていない人にありがちな失敗です。

 

どうしても、自分のトレードに自信がない人は、ほかの自称プロトレーダーのブログを見て、「相場が上がる下がる」を判断しがちです。

 

正直、めちゃくちゃ結果を出せている人からの情報であれば鵜呑みにしてやってもうまくいくかもしれませんが、自分の実績を誇張している方々もたくさんいますからね。

 

だから、なんでもそうですが、その情報が正しいかどうかの裏付けをとったり、情報を鵜呑みにする前に実際のチャートで検証をしてみたりと、信頼できる情報なのかを自分なりに調査してみることが大切なんですよね。

 

とくに経済指標で大儲けを狙っている方なんかはとても危険ですから、これに関しては鵜呑みにしないほうが良いかと思います。

 

マーケットに出回っている経済指標の情報を鵜呑みにして、大損を被っている方もいますから、本当に気を付けたほうがいいです。

 

ボクも一回、お金儲けに憑りつかれているときに、大した調査もせずにネットに出回っている情報を鵜呑みにして、大きな損失を被った経験があるのです…。

 

『ネット情報に騙されてしまう』の対策

そもそもネットの情報は見ないようにする。

誰も未来を見ることはできませんから、自分の頭で相場予測ができて自信をもって判断できるようになるまでは、大きな勝負はしないようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

スプレッドが広がっているのに気づけなかった

 

これはチャートだけに目を向けている注意不足の人にありがちな失敗です。

 

為替相場が大きく動いているときにはスプレッドが広がります。

 

この状態でエントリーをしてしまうと、普段の数倍、場合によって数十倍のマイナス(スプレッド)からトレードをし始める羽目になります。

 

そうなるとプラスになるまでが長く、エントリー方向に大きく相場変動がなければいけないとことになりますから、損失になる可能性がとても高くなりますよね。

 

なので、エントリーをする際は必ず確認しておきたいところではあります。

 

でも、今のボクでも、チャートを見ていて「これは絶好のエントリータイミングだ!」ってなったときには急いでいますから、スプレッドを確認せずにしてしまうことがありますから、いつまで経っても治らないことなのかもしれませんね。

 

 

エントリー&決済を繰り返してしまった(ポジポジ病)

 

ポジポジ病はFX初心者のほとんどの方がなっているかと思います。

 

ポジポジ病とは、短い時間で何度もポジションを「作っては決算し、作っては決算し」を細かくしてしまうことを言います。

 

そして、ポジポジ病になってしまっている方は必ずといっていいほど、FXで収益をあげられていないです。

 

なぜなら、FXで有名な「コツ、コツ、ドカン」という、コツコツ積み上げてきた利益が1度の負けで生じる損失で打ち消される、もしくはマイナスに転じるというものです。

 

こういう言葉が生まれるぐらい、FXではコツコツ利益を積み上げる方法は成果を上げにくい投資だといえるかと思います。

 

ポジポジ病は細かく利益を得ようとする考えから生じることも多いですから、「コツ、コツ、ドカン」の餌食になりやすいんですよね。

 

また、相場分析を全くしないといった気分でトレードしているような方は、まさにポジポジ病になってしまっています。

 

これはFX初心者の方の大抵の人はポジポジ病に悩まされると思いますので、頑張ってください。

 

ボクもこのポジポジ病を患って、本当にFXをやめようと思ったことがあるくらいです…。

 

『ポジポジ病』の対策

相場分析をして根拠をもってトレードをするようにする。

細かい利益を積み重ねよう手法をやめる。

 

また、ポジポジ病について下の記事にまとめていますので、ぜひ読んでみてください。

 

 

 

最後に:失敗から学ばなければFXでは勝てるようにならない

 

FXなんてまさにそうですが、失敗から学ばなければ、FXで勝てるようにはなりません。

 

損切りが遅くて損失を大きくしてしまったら「この前はこういう状態で決済を渋ったから損失を大きくしてしまったんだよなぁ」と損切りをしっかりするようになったり。

 

ポジポジ病の状態から抜け出すために試行錯誤したり。

 

こういった失敗を積み重ねて、その失敗をしないように対策を講じていくことで、いつの間にかFXで収益があげられるようになっていると思います。

 

なので、「失敗しちゃった」だけで終わらないで、常に失敗の対策を考えるように心がけるようにしてみてください。

 

それ以外にFXトレードの上達はあり得ません。

 

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました