FXで儲けるための「集団の逆を狙え」の本当の意味

FXコラム

 

スポンサーリンク

「集団の逆を狙え」を間違って解釈してしまっている

 

FXで勝つの方法を調べていると、

「FXで儲けるには、多くのトレーダーの逆を狙わないといけない」

「FXトレーダーの9割は損失を出し続けている負け組だから、1割と同じ動きをしろ!」

といったことが書かれています。

 

そこで書かれている内容は間違ってはいないです。

ですが、その内容の解釈を誤って、

「上昇相場だけど、俺はあえて、逆の売りでエントリーするぜ! これで俺も勝ち組と同じトレードができているぞッ!」

と考えてしまう方がいます。

 

これは大きな間違えです。

なぜなら、多くのトレーダーがトレンドの方向に期待して、エントリーしていたら、その方向に相場も動くからです。

これって当然ですよね。

だって、多くの人が上昇トレンドであれば、買いでエントリーします。

そうなれば、相場もさらに上昇すると考えられます。

 

では、「集団の逆を狙え」ってどういう意味なのかと疑問に思う方いるかと思います。

 

 

スポンサーリンク

「集団の逆を狙え」の本当の意味

 

結局、この集団の逆を狙うのは、「タイミング」なわけです。

 

つまり…

”遅すぎず、早すぎずの絶妙なタイミングとトレード手法”

により、エントリーや決算を行うんですよね。

 

 

例えば、上のような急激な上昇ができていたとします。

その場合、出遅れたにも拘わらず、エントリーしてしまうのが勝てないトレーダーです。

 

ですが、これではほとんどの場合が損失になってしまいますよね。

でも、意外とこういうタイミングでエントリーしてしまうことって多いんじゃないでしょうか?

その変動の終局にもかかわらず、「まだ続くだろう」と期待してエントリーしてしまう方はたくさんいらっしゃるのが実際のところです。

これをリアルタイムで見ていると、魅力的に感じてしまうのは分からなくもありません。

 

ですが、勝ち組トレーダーはそういった勝てないトレーダーが誘惑されやすいタイミングでエントリーはしないんですよね。

結局、「トレンドの中にもエントリーをするタイミングがある」ということを理解しているんですよね。

 

上のチャートの場合は、上昇の付け根でエントリーするか、エントリーを見送ります。

何も考えずに無駄に資金を減らす可能性があるトレードをしないのも、勝てないトレーダーと違うところでもあります。

ここで「集団の逆を狙えの本当」の具体的な例ですが、勝てないトレーダーがコバンザメのように相場の急激な変動に群がり始めたときに、勝ち組トレーダーはといえば、決算をして勝ち逃げしているのです。

 

「勝てないトレーダーがエントリーをしている」

「勝ち組トレーダーは決算をしている」

これが「集団の逆を狙え」の正体なのです。

極端に「みんなは買いにエントリーしているだろうから、売りでエントリーしてやろう」という考えではないことがお分かりいただけたかと思います。

 

チャート分析をして、即座に相場変動に乗り、多くのトレーダーが乗り始めたときに逃げるといった、1つ行動が早いのも勝ち組トレーダーの手法だったりするんですよね。

 

以上、「FXで儲かっている人は集団の逆を狙っている」の説明を終わります。

あなたが勝てないトレードを見直すきっかけになればと思います。

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました