FXで破産する確率は高いの?【原因を知れば、高くないことに気づきます】

FXコラム

どうも、むぅチャソです。

 

あなたは「FXで破産した」といった内容をネットで見かけたことはありませんか?

 

こういった情報って結構ネット上にはあったりするんですよね。

 

もちろん、結論としてFXで破産することもあります。

 

ですが、正直の話をすると「なんでFXで破産できたの?」と逆に質問をしたくなったりしているんですよね。

 

だって、例外はありますけど、ふざけた資金調達をして、無茶なトレードをしたことが原因であることがほとんどだからです。

 

なので、本記事ではこういった『FXでの破産』について書いていこうと思います。

 

本記事の内容・なぜ、FXで破産をしないのか

・FXで破産する可能性に何があるのか

 

スポンサーリンク

普通にやっていたらFXでは破産はしない

 

「FXで破産した」とかの情報をネットで見て、「FXはヤバイ…」と思っている方もいるかもしません。

 

ですが、実際はFXで破産することはほとんどありません。

 

というのも、『強制ロスカット』という仕組みがほとんどのFX会社で導入されているからです。

 

この強制ロスカットとは一定割合以上の損失が出るとトレーダーの意思関係なしに自動的に決済されるという仕組みです。

 

なので、いくらトレーダーが「損切りしたくない」という状況であっても、FX会社側が「これ以上の損失は出ないように決済しちゃいますよぉ」ってことなんですね。

 

これを考えると、1回のトレードで破産するというのはなかなかないわけです。

 

 

スポンサーリンク

FXで破産してしまう原因

 

上で「強制ロスカットあるから破産はなかなかしない」と書きましたが、例外があります。

 

この例外のほとんどはトレーダー側に問題があって生じるものです。

 

なので、ここで紹介する例外について、トレードするときにはしないようにしてくださいね。

 

FXで使う資金が『借りたお金』である場合

これはめちゃくちゃ多いと破産した人に多いと思うんですよね。

 

自分の手持ちにある資金でFXトレードをしていれば、元手以上に損失が出ることが少ないです。

 

ですが、金融機関などで実際に借りたお金をFXの資金として使っていると破産しますよね。

 

例えば、元手0円で金融機関に1億円借りたとします。

 

で、実際にトレードをして7000万円損失がでてしまいました。

 

そうなると、7000万円は自分で働いて稼がないといけない金額になります。

 

これだと、具体的な毎月の返済額はわかりませんが、とても大きな金額になるはずです。

 

こうなってしまえば、企業に雇われて働いているだけでは、間違いなく返済が間に合わなくなります。

 

これにより、返済ができなくなり、渋々自己破産という形を問わざる得ない状況になってしまうということです。

 

これだと、FXで破産をしてしまいますよね。

 

生活に必要なお金を使ってしまった

生活に必要なお金をFXで使っている場合は破産する可能性があります。

 

ここでは現在抱えている借金が返済できなくなることで破産になるというケースです。

 

例えば、貯金が0円で、大学時代に借りた奨学金の返済が残っている人だとします。

 

そんな方が給料をもらってから、全額トレードして、生活費はあるけど、奨学金が返済できないという状況が何か月も続いたとしたら、どうでしょうか?

 

ちなみに奨学金は滞納から4か月が経つと、一括返済を要求してきますから、その状態になったら破産を選択背座路得ない状況になります。

 

上の例のようにトレードでお金を失ってしまい、借金が返済できなくなることで破産になるというケースがあるということを覚えておいてください。

 

【災難】急激な相場変動で強制ロスカットが間に合わなかった

これは災難としか言いようがありませんね。

 

FX会社には強制ロスカットという仕組みがあると書きましたが、この仕組みは万能ではありません。

 

FX経験者の方であれば経験があるかもしれませんが、経済指標の発表時のようにお使いのFX会社での注文が集中している場合は、注文が成立しないことがあります。

 

これは逆に相場が一気に大きく動き、たくさんのトレーダーの方のポジションを強制ロスカットをしなければならないときにも決算が成立しないことがあるといわれています。

※YouTubeで探すとそういった状況を動画に収めているものもあります。

 

こうなると、強制ロスカットのラインを越えて、元手のマイナス金額まで達してしまうことも考えられるので、こういう最悪な状況に出くわした方は破産してしまうかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

もしもの場合は『自己破産』できるの?

 

「もしもの場合は自己破産すれば、借金チャラになるからよくね?」と思っている方もいるかもしれません。

 

ですが、基本的にはこういった投資でできた借金は『免責不許可事由』にあたりますから、自己破産は認められていません。

 

ですので、原則としてFXでの損失はチャラにできないというわけです。

 

でも、例外もあります。

 

それは『裁量免責』という、裁判所の判断で自己破産が認められることもあります。

 

この裁量免責とは裁判所が破産に至った経緯や本人の反省など、あらゆる事情を考慮し総合的に判断した結果、自己破産が通ることもあります。

 

ですが、2回目は結局反省をしていないわけですから、自己破産ができないと思ったほうが良いかと思います。

 

 

スポンサーリンク

最後に:FXは余裕資金でやるべき

 

本記事では「FXでの破産」について説明しました。

 

そして、その結果あなたもお分かりだと思いますが…。

自分の手持ち、かつ生活に支障が出ない資金額でするべき

だといえます。

 

これを守らないと、FXで破産とネットで書き込む側の人になってしまうかもしれませんから、注意をしてください。

 

そもそも、お金がないのであれば、投資をする資格はありませんから、一生懸命働いて投資資金を貯めてから始めるようにしましょうね。

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

またね(/・ω・)/

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました