FX初心者がエントリーのタイミングが出遅れてしまう原因と対策

FXコラム

 

あなたはFXでエントリーしたら、すぐに逆の方向に変動してしまって損失を被るといったことが多くありませんか?

長期的な上昇トレンドでこれからもこの上昇トレンドが継続するだろうと考え、エントリーしたら、そのすぐに下降トレンドに転換してしまったみたいな。

こういった自分がエントリーしたら、自分の予想と反対の変動を起こされてしまう方は、もしかしたらエントリーが出遅れているのかもしれません。

 

本記事では、エントリーで出遅れないために注意すべきことについて説明してきます。

 

スポンサーリンク

ありがちな「エントリーの出遅れ」について

 

ここでは、FX初心者がやりがちな2つの出遅れパターンを紹介します。

この出遅れパターンを理解して、対策を講じれば、FXで安定した収益を挙げられるトレードが身に着けられるきかっけとなるかと思います。

ぜひ、覚えておいてください。

 

急激な相場変動での出遅れ

まずは上のチャートで考えてみましょう。

あなたはこのチャートをみてどう感じるでしょうか?

このチャートみて、すぐに買いエントリーを入れたくなるとしたら、とてもじゃないですけどFXで収益を挙げることができないでしょう。

なぜなら、こういった大きな上昇に乗り遅れているといえるからです。

私の経験上、これだけの上昇である場合、このまま上昇し続ける可能性は低いと考えています。

 

ですので、上のチャートの白い丸以降のエントリーは出遅れてしまっている可能性があります。

このときの考慮するポイントはレンジの最高値を越えるかどうかですね。

そこで見極められれば、上昇の根元からガッツリ利益を得る機会がグッと上がりますね。

もしくは、ローソク足の勢いで上昇を予想しエントリーして、その後の下落の勢いを強くなれば、損失が出ようが即決算することで、低リスクで大きな収益を挙げることができることもあります。

 

このチャートが上のチャートのその後になります。

大きな陰線の上の方でエントリーしてしまった方は、やむなく損切りをしなければいけない状況になってしまいます。

この記事でお伝えしたいことは、”大きな上昇の後はほとんどの確率で引き戻しがある”ということです。

大きな相場変動があったときには、このことを思い出して、取引を控え、その後の動向を見守るようにしてみてください。

 

トレンド中の出遅れ

ちょっと汚いですけど、上のような上昇トレンドができていたとします。

このトレンドで理想的なタイミングでいえば、①の押し目ができたら、①の最高値を越えた次の上昇でエントリーが理想だといえます。

基本的に上昇トレンドでは、所々トレンドに逆らった下落でできる「押し目」を作りながら上昇をしていきます。

つまり、上昇トレンドでいえば、一番初めにできた押し目を越えたらエントリーをするべきだということです。

そうすれば、上昇トレンドの比較的根元の部分でエントリーができるので、上昇が継続すればするほど、ゆったりと利確のタイミングを待つことができるというわけです。

 

ですが、FX初心者の方は、上のチャートでいう②以降でエントリーしてしまうことがあるんですよね。

これは「とりあえず上昇トレンドだから、大丈夫だろう」といった経験が少ないトレーダーのありがちな取引方法なんですよね。

トレンドは”トレンドができてから時間が経っているだけ、トレンドの転換やレンジになりやすい傾向にある”ということを覚えておいてください。

これを踏まえて考えてみると、②以降ではエントリーが出遅れてしまっている可能性が高いんですよね。

ですので、できるだけトレンドができそうだと感じたら、初めの押し目もしくは戻り目の最高値で越えそうな段階でエントリーを検討し始めなければならないということです。

 

 

スポンサーリンク

FX初心者にオススメなオシレーター「MACD」について

 

上記で2つのFX初心者がしがちな出遅れパターンを紹介しました。

ですが、リアルタイムで取引を行っていると、トレンドがいつできるか分からないという方も多いかと思います。

それがエントリーが出遅れてしまうほとんどの原因ですよね。

私の場合はローソク足の形状や勢いで、トレンドが生まれるか判断していますが、これを言葉で表現するのは難しいですし、初心者の頃の私もできないと思います。

ですので、こういった経験がものをいう手法ではなく、FXの取引のサポートをしてくれる「オシレーター」を使うのが良いかと思います。

その中でも私がおすすめするのが「MACD」です。

 

上のチャートの下側にあるグラフがMACDです。

そのグラフには①と②のところを見てください。

これがMACDの基本的なエントリーを考慮すべきシグナルです。

トレンドができる前にこういった「エントリーを検討してください!」といったサインを出してくれるんです。

そのMACDのシグナルの中でも、私の経験上、②のような0を抜けているタイミングはとても信頼できるサインだといえます。

 

このようにMACDは直近の値をもとにグラフが出力されるため、相場の変動にとても敏感に反応します。

移動平均線のようにずっと前の終値も評価して出力されるものは信頼性が高くはなりますが、相場の動きに対して反応が鈍かったりします。

その点、MACDを確認していれば移動平均線よりも早く、相場の変動に気づくことができます。

これにより、FX初心者にありがちなトレンドへのエントリーが遅れてしまうといったことを減らすことができるというわけです。

 

ですが、注意が必要なのが、MACDのシグナルが出たからといって必ず、その方向にトレンドができるとは限らないということです。

どのオシレーターにも言えることですが、「ダマシ」と呼ばれる、トレーダーを惑わすサインや相場変動ができたりします。

このような「ダマシ」を鵜呑みにして、相場の勢いや方向を考慮せず、エントリーしてしまうとその取引で損失になってしまうことがあります。

ですので、オシレーターを使い方を学ぶことはもちろん、ローソク足で相場の勢いを知り、移動平均線で相場の向きを把握してからのエントリーが望ましいといえます。

それにより、FX初心者のトレンドに対しての出遅れを対策するようにしてみてください。

 

FX初心者のエントリーの出遅れの対策となるMACDの使い方を知りたい方は『MACDの使い方 ~買い売りサインをシグナルで見極めろ!』もお読みください。

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました