相場が読めないのは当たり前 – FXを博打にしないため方法を解説!

FXコラム

 

FXの本やブログでは、著者もしくは運営者の色々な手法が紹介されています。

 

そして、その内容はあたかも「私は完璧に相場が読めています」と言わんばかりの持論だったりします。

 

ですが、私のブログの読者の方は覚えておいてください。

 

”相場が完璧に読める人間はいない、相場は読めるはずがない”

ということを。

 

現在、FXで稼いでいるプロのトレーダーでさえ、負けることはしょっちゅうですからね。

 

私だって、1日に100pips以上の収益があるときもあれば、月で100pips程度のときだってあります。

 

取引頻度にもよりますが、それでも1か月間だけでも何度も負けを味わっているのです。

 

ですので、「1日3分のトレードで10万円」とか「簡単に稼げる投資FX手法!」のような変な売り文句には気を付けてください。

 

 

スポンサーリンク

相場が読めないのであれば、FXは博打なの?

 

正直の話、FXには博打要素が多く含まれていると思います。

 

学校で教わる勉強には答えがあり、数式や考え方を理解すれば必ず得点になります。

ですが、投資なんかは状況に応じて動きますから、完全に1つの答えに行き着くわけではないです。

 

それこそ、FXなんてものは株式とは違って企業の業績やら新製品の発売などといった具体的にその銘柄の対象企業の動きが把握できるわけではありませんよね。

こういった分析方法には限りがあるFXは博打要素が多く含まれていると考えています。

 

ですが、博打であれば私も含めて、安定して収益を挙げられる人は博打に勝ち続けている強運なのかと言われれば、そうではありません。

 

それは「相場はなぜ動くのか」「どういうときに上がり下がりするのか」といったことを理解していれば少なからず意図的に収益を挙げられるのがFXです。

つまり、そこには相場の動きには”法則”があると考えられますよね。

 

ですので、FXは博打要素はあるものの、博打ではないといえるのです。

 

 

スポンサーリンク

FXを博打にしないためにはどうすればいいの?

 

FX初心者の方は比較的博打のようなトレードをしているように感じます。

実際にFXをやって「FXは儲からないからやめたほうがいいよ」といっている方なんかは博打のようにトレードをして、損失を被った方だと思います。

 

博打にしないために重要なのは、

”徹底したトレード手法”

”チャートパターンを叩き込む”

この2つでどうにかなると思います。

 

私に関しては、損切りだったり、利確の仕方を理解したら、テクニカル分析があまりできていない頃の私でも結構収益を上げられるようになったんですよね。

 

ですので、この2つを徹底的に追及していくことがFXを博打にしない方法だったりします。

 

スポンサーリンク

徹底したトレード手法とは

 

私が言っているトレード手法とは、自分で築いたトレードルールを基にトレードをする技術のことを言っています。

 

具体的に言うと、「損切りラインを設定して、そのラインに差し掛かったら機械的に決算ができる」とか「有効な利確ラインを設定できる」といったトレード中のテクニックのことですね。

 

たぶん、このトレード手法がきっちり作りこまれていれば、勝率はグッと上がると思いますよ。

 

このトレード手法は本を読んで勉強していても身につくものではありません。

何より、実戦経験が大切なのです!

トレードの中で「こうしておけばよかったなぁ」と何回も後悔しながら学び、その後悔をしないためのルールを磨いていくわけです。

そうするといつの間にか、トレードの中で「これは決算したほうがよさそうだな」とか「いつもはここで損失を恐れて決算が遅れるから、今回はここまでにしよう」といったトレード手法が身についてきます。

 

始めはリスクを抑えて小額で取引をするようにしてください。

私も愛用している『外為オンライン』なら5000円からトレードができるので、経験をたくさん積みたいという方は下の記事で口座開設からトレードを始めるまでを解説しているので、見ながら始めてみてください。

 

また、具体的にトレード手法を知りたい方は『トレード日記』を新しい順に読んでもらえればなんとなく学べるかもしれません!!

 

 

スポンサーリンク

チャートパターンを叩き込む

 

エントリータイミングや決算のタイミングを見極める材料としてチャートパターンを覚えておく必要があります。

 

エントリーした後に「これはトレンド転換のチャートパターンだな」と感じれば、ポジションを解消したほうがいいと決算に踏み切ったりすることができます。

また、「これは上昇するチャートパターンだ」と思えば、すかさずエントリーをすることだってできます。

 

このように相場によって現れるチャートのパターンを多く保有することで理想的なトレードチャンスを掴むことができるのです。

 

なので、FXのテクニカル分析関連の参考書を読んで、ひたすらそこで紹介されているテクニカル分析の検証をしていくことをおすすめします。

 

ちなみに私がオススメするテクニカル分析本は下のものです。

 

 

私はこの本を読んで、テクニカル分析の基礎を固めました。

ですので、どんな本を読んでいいか分からないという方はぜひ読んでみてください。

 

あとは本サイトの『テクニカル分析』の内容を読んで、書いてあるテクニカル分析の方法を実際のチャートで検証してみてください。

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました