FXトレードを本で勉強する方法 – オススメするたった1冊の入門書

FXコラム

 

FX初心者の方で、参考書を読みながらトレードをしているけど、あまり成果が上がらないという方は多いんじゃないでしょうか?

よく「この形になったら上昇する」といった参考書に書かれている相場になったら、それを鵜呑みにして、トレードをしている方々がいらっしゃいます。

ですが、それで偶然上手くいくことはあっても、安定した収入をFXで稼ぎ続けることはほとんどできないですよね。

FXで重要なのは、チャートを見て自分で判断できることが求められます。

そのための知識を蓄えるための参考書を用いて、知識を得るのです。

「そんなの分かっているよッ!」と頭の中で思っている方でも、自覚せずに参考書通りの手法で取り組もうとしていることが多いんです。

本記事では、そんなFXを参考書などの本を学ぶのは良いのかについて説明していきます。

 

スポンサーリンク

FXを「本」で学ぶのはどうなの?

 

私がFX初心者だった頃、参考書を何冊も読んでいましたが、参考書に書かれている状況で書かれている通りにトレードをして上手くいったことが少ないです。

というより、偶然上手くいったに過ぎないのだと感じていました。

なぜなら、同じチャートパターンでも予想した動きと逆の動きをすることが多々あったためです。

そのことに気づいてからは、良書の一冊を残し、それ以外はもう何年も開かなくなりました。

その代わり、自分で相場を見て、分析を行い、独学でFXで勝てるようになりました。

そもそもFXで収益を挙げているプロトレーダーは、もはや参考書通りに取引を行っている方はいるのかと疑問に思いさえします。

 

学問でもそうですが、ただ教科書で学んだことをそのまま活かそうとしても、なかなかその知識を活かす機会に恵まれませんよね?

これは、学問を学問として、実際に活かせないことがほとんどないからです。

学生の頃に学んだ教科書の内容は大人になっても活かせないですよね。

でも、古文で著者が何を言いたいのかを言葉の裏側について学んだことで、人とコミュニケーションを図るときに、相手の言葉から本当に言わんとしていることが理解できることがありますよね。

このように学問から実用的な技術に変えることが大切なのです。

その内容を理解し、実用的な学び、つまり福沢諭吉さんが書かれた「学問のすすめ」で言うところの「実学」に変えなければ、学問は私たちの生活にはほとんど役には立たないのです。

ですので、本を読んだ知識をそのまま使うのではなく、理解して頭に残し、経験と結びつけることができなければ、いつになってもFXで収益は挙げることができないというわけです。

 

「知識と経験があって初めて実を結ぶんだ( ゚Д゚)」

 

ちなみに良書は下記のものです。

 

多くのFXトレーダーが紹介しているテクニカル分析の本です。

ちょっと価格は高めなのですが、それだけあって、他のFXの本と比べて、テクニカル分析が具体的に説明されています。

それに加えて、とてもわかり易く書かれているため、FX初心者の方もすんなり頭に入ってくるかと思います。

確かに理にかなっているので、書かれている内容をそのまま真似したくなるは分かりますが、ここで書かれている知識は、頭の片隅に置いておくだけに留め、経験を積んでください。

そうすることで、経験しながら、「これはこうなるから、こうなったんだな」とトレードをしながら納得ができるようになります。

ですので、読んでトレードしてを何度も繰り替えすようにしてください。

現在の私でも、いまだにトレードで上手くいかなくなったりするときは、この本を読み返し、基本はもちろん新たな気づきを与えてくれるような本になっているかと思います。

そのため、FXトレードをし続ける限り、ずっと使える本だといえでしょう。

ぜひ、良い参考書をお探しの方は読んでみてください。

 

 

スポンサーリンク

結局、FXで収益を上げるにはどうすればいいの?

 

FX以外でもそうですが、知識がなければ成功までは途轍もなく長い時間を費やすことになります。

そこで多くの方は、先人の知恵が詰まっている「本」を用いて、本来経験からしか得られない知識を得て、効率よく成長しているのです。

これはFXでも同様です。

ですが、本記事でお伝えしたいのが、”本の内容を鵜呑みにするのは良くない”ということです。

FXで収益を挙げたいと考えているのに、本の内容に固執しすぎて、まったくトレーダーとしての経験が積めていない方が多いのです。

「努力は必ず報われる」といった言葉もありますが、それは「正しい努力」ができていればの話です。

 

成功者が取り入れている理想的な行動習慣である”知覚動考”という言葉があります。

「知る、覚える、動く、考える」の順に進めていき、「動くと行動」を繰り返していきます。

そして、何か足らないと思えば、その足りない部分を補うように、「知ると覚える」に戻り、また「動くと行動」を繰り返していくのです。

これはFXでいうと、「知覚動考」は「必要なものをネットで調べる、それを本やネットで学び覚える、トレードをする、トレードの考察を行う」に当たると考えています。

その行動の中で重要なのが”考える”のフェーズです。

これがなければ、いくらトレードを繰り返しても、収益なんて挙げられっこないです。

 

ですので、参考書で勉強をすることに固執せずに、「自力で法則を見つけてやろう!」といった気概を持って取り組んでいった方が良いかと思います。

そんな私はセミナーに参加したこともなければ、テクニカル分析に関しては、しっかりした本を1冊しかちゃんと読んでいません(他の本は記憶に残っていないのでないことに)。

このことから、本気でFXで安定した収益を挙げようと考えている方は、会社終わりでも、学校終わりでも通勤時間に本を読み、帰宅後にはチャートと睨めっこして考えることをしていってください。

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました