投資初心者におすすめな少額で始められる『FX』について

FXコラム

 

サラリーマンや主婦の方で日々が忙しくされている方が多いかと思います。

そんな方の中で、副業をしている時間はないけど、自由に使えるお金を増やしたいと考える方も、実はとても多いかと思います。

そんな方にお勧めなのが、「お金を使ってお金を稼ぐ」といった手段です。

その代表的なモノとして挙げられるのが「投資」です。

その中でも、投資初心者におすすめなのが「FX」です。

 

本記事では、そんな投資初心者に私がおすすめしたい「FX」についてご説明していきます。

 

スポンサーリンク

少額で始められる投資「FX」とは?

 

「FX」という名称は、投資に興味がある方は1度は聞いたことがあるかもしれません。

よくニュースで、「円高」や「円安」といったワードを耳にするかと思います。

これは、日本の通貨「円」という通貨の価値が貿易大国である米国の通貨「ドル」と比較して高いか安いかを言っているのです。

このように、日本の通貨「円」はもちろん、様々な通貨の価値が常に変動しています。

FXは、簡単に言えば、そういった円とドルといった異なる国の通貨を買ったり売ったりして利益を得るといった投資です。

 

例を挙げて説明してみます。

日本の景気が良くなっているとします。

経済の発展により、多くの国で日本製品やサービスが使われるようになっています。

それにより、多くの外国人観光客が日本に来るようになりました。

この経済の発展により、日本の企業に投資をするという状況になりました。

また、外国人観光客は日本でお金を使えるように、自国の通貨を日本の通貨「円」に換金しました。

こうなると、日本の通貨の需要が高まり、「円」の価値が高まっているといえるでしょう。

そんなときに、米国に住んでいる方は自国の通貨を「円」に変えておくと、円の価値が高まるにつれて、自国のお金に換金する際には、増えた状態で自分の手元に戻ってくるということです。

これがFXで利益を上げられる理由となります。

 

このようにFXとは、自国の通貨と他国の価値が上がるであろう通貨を買い、その通貨の価値が高まった際に換金することで収益を挙げる投資なのです。

 

 

スポンサーリンク

なぜ投資初心者にFXがお勧めなのか

 

投資初心者に「株式投資」より難易度は低く、「投資信託」よりも運用利回りが高いといえるからです。

「株式投資」の場合、日本企業に投資するにしても、多くの企業の詳細や将来性を考慮して選んで投資をしなければなりません。

また、日本の経済状況といったモノを理解するには、それなりの知識が要求されます。

それらに加えて、ある程度の資金も必要となります。

このことから、投資初心者には敷居が高く、損失を被る可能性が高いといえるのです。

 

投資信託」にしても、運用利回りが低いことに加えて、手数料や運用管理費用といったコストがかかることで投資者が利益を得るのには時間がかかる場合があります。

資金運用を人に委ねることになるため、自分の能力関係なく、自身の資金を減らしてしまうことになるかもしれません。

 

その点、FXは少額から投資を始められることはもちろん、取引する通貨を選び、為替相場の分析をしてタイミングを狙うだけで良いので、初心者におすすめなのです。

FXは平日は24時間相場が動いているため、働きながらでも取引ができるというのも魅力です。

それにより、運用利回りも自分の取引能力に比例して、収益を上げることができるため、投資信託といった金融商品よりも利回りが良くなるのは当たり前だといえます。

 

こういった理由から、投資初心者にはFXがおすすめだといえます。

 

 

スポンサーリンク

FXの取引はどんな感じ?

 

実際にFXの取引画面を見てみましょう。

まずはチャート画面です。

上の画像はドルと円のの為替チャートになります。

ドルの価値が変動して、波打っているような状態になっています。

ある程度経験を積み、ドルの価値が上がると分析できたら場合はドルを「買い」で入ります。

 

その時の注文画面は下の画像に近い形となります。

上の注文画面からFXは下記の流れで取引を行います。

  1. 取引をする「通貨」を決める。
  2. 「取引金額」を決める。
  3. 「買い」か「売り」かを決める
  4. 取引ボタンを押す。

 

投資といってもFXの取引はとても簡単にできてしまいます。

言ってしまえば、FXは通貨の価値が上がるか下がるかの予想を立て、注文をするといったシンプルな取引なのです。

投資は難しいものだと考えていた方には衝撃かと思います。

私もFXをやり始めた頃は、「こんなに簡単なのか」と驚いたものです(笑)

後はFXのチャート分析ができれば、少しずつ収益を挙げることができるかと思います。

 

 

スポンサーリンク

FXはリスクはないの?

 

FXにはリスクはあります。

ですが、どんな投資にもリスクはあるものです。

アメリカといった貿易の中心となっている国で何か起きれば、為替相場も変動します。

その場合、各国の通貨の価値が上下することが予想できます。

そうなった場合、急上昇や暴落といったことも生じるかもしれません。

その際、予測ができていなかったFXトレーダーは自分の投資金額に比例して損失を招くかもしれません。

その反面、大きな利益を上げるトレーダーもいるということです。

 

後程リスクについて説明しますが、1度の取引で自分の資金がすべて失うなんて言うことは、ほとんどありえません。

それは間違いなくトレーダー側に問題があります。

 

 

FXでのリスクを抑えるには?

 

よくネットで「破産」や「○○万円の損失」といった書き込みがあります。

それを鵜呑みにしてFXを始められない方も多いかと思います。

ですが、それはトレーダー側に問題があるとお伝えしました。

そもそも前提として、一般のFX業者には、「強制ロスカット」と呼ばれる仕組みが設けられています。

これはトレーダーの判断ミスにより、一定の損失を出してしまった場合、トレーダーの意思関係なしにFX業者が強制決算を行うというものです。

これにより、為替相場の暴落や急騰以外の損失に対しては、ある程度の損失で抑えられるということです。

暴落や急騰の場合は、急激な値変動に反応しきれないこともあるため、遅れて強制決算が入るということです。

 

上記のことから、ほとんどの損失はトレーダーにあると考えられます。

トレーダーのリスクとなりうる可能性を抑えるFXの取引方法を説明します。

 

少額資金で取引を行う

投資でしてはいけないことは自分のすべての財産をかけて、投資はしてはいけないということです。

投資は投資資金が大きければ、それだけ収益を挙げたときのリターンも大きいです。

ですが、経済に予期せぬ問題が発生して、相場が大きな変動を起こしたら、その分だけ損失が生じる可能性が高いということです。

そのため、まずは投資初心者の方は、少額でFXに投資をし始めることをおすすめします。

FXは為替相場によりますが、5万円程度あれば取引を始めることができます。

そのため、FX口座を開設したら、まずは口座に5万円程度を入金し、FXの取引になれるようにしてください。

 

そうすることで、初心者の際にありがちな、損失を恐れて「損切りができない」や、変動の大きい相場での取引といった無茶な取引をした場合でも、大した痛手なく、やり過ごせるかと思います。

 

レバレッジを使用しない

FXで破産している最も多い理由が「レバレッジ」です。

レバレッジとは投資家が保有している資金を何倍にもして、取引を行うことができる仕組みのことです。

行ってみたら、株式投資の信用取引に当たる仕組みですね。

つまり、FX金融機関にお金を借りて、取引を行えるということです。

このレバレッジは個人では25倍まで適用させることができます。

 

誰もが理解できることだと思いますが、自分の手元にないお金を使って、投資をするわけですから大きなリスクがあって当然ですよね。

自分の元本を超えた損失が出れば、それは借金になってしまうわけです。

金額によっては軽い気持ちでやった結果、大きな借金になってしまい、結局破産してしまうなんてことも考えられます。

これが、FXで破産している方々の正体です。

ですが、このレバレッジはFXの魅力の1つであることから、レバレッジを使いたくなる気持ちは分からなくもありません。

ですが、そもそもそういった自分の感情を律せない方は、投資に手を出さないでコツコツ働いたほうが良いかと思います。

そういった方は、必ず目の前の儲けのために、リスクを考えず行動してしまうからです。

 

ですので、投資が初心者でありながら、レバレッジをするのは止めたほうが利口だと思いますよ。

 

準備なしに目を離さない

FXで取引をしている状態で、会社に行ったりと長い時間為替チャートから目を離す時間ができる場合の取引はおすすめしません。

というのも、目を離している間は相場の変動に対応できなくなってしまうからです。

FXの相場はサラリーマンが定時に帰り、家に帰宅するぐらいに多くのトレーダーが取引を始めます。

そのため、会社にいる間などや寝ているときは、基本的に相場の変動が小さいことから、できるだけ取引をした状態にしておかないことをおすすめします。

 

このことから、日をまたいで取引を持ち越さないトレード手法「デイトレード」が良いかと思います。

デイトレードは簡単に言うと日をまたがない、つまり細かくFX取引を行うといった手法になります。

それにより、為替相場の暴落や急騰に対応できるということです。

それにより、リスクを抑え、大きな損失を被らないための対策となります。

 

 

FXは簡単に始められる

 

FXを始めるのは「口座開設」と「口座に投資資金を入金する」だけで始めることができます。

口座を開設する証券会社選びに時間をかけても良いですが、どこも口座開設は無料なので、何処でも、いくつ作っても問題ないと思います。

そのため、無駄な悩む時間のほうが気になるぐらいです。

それでも、失敗?はしたくないという方は、業界口座数No.1のDMM.com証券を選べは間違いないかと思います。

そして、申し込んで1週間もたたないぐらいで家に口座情報が届くと思います。

それを受け取ったら、そこに記載されている口座にお金、5万円以上(最低掛け金1万円で取引する場合)を入金すれば始められます。

 

口座開設が終わり、口座情報が届く間、FXの文献で勉強したり、FXのテクニカル分析も合わせて読み、FXの取引に備えておくとよいかもしれません。




スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました