FXで用いるべきオススメの優れたテクニカル指標をご紹介!

FXコラム

 

FX初心者の方は、勝つために様々なサイトや参考書を読んで勉強されているかと思います。

ですが、ネットではFX必勝法などといった多くのオシレーターが紹介されているかと思います。

そんな紹介されたオシレーターをすべて使おうとしたら、かえって自分の判断を鈍らせるだけですよね。

なぜなら、それぞれのオシレーターの反応が違ければ、どれを優先させなければいけないのかといったことをわざわざ考えなければならないからです。

そもそも、優先順位が決まっているのであれば、それだけ表示させておけばいいだけの話ですけどね(笑)

 

こういったFXの取引で判断しやすいように、必要最低限の使用にすべきだといえます。

そこで、本記事では、私も使っている優秀でマスターすれば、相場に通用する「ローソク足」「移動平均線」「MACD」のご紹介をしていきます。

 

スポンサーリンク

ローソク足

ローソク足はFXの取引において、最も重要なテクニカル指標だと考えています。

収益を挙げられない方は、ローソク足は振れ幅を確認するためのテクニカル指標だと考えているんじゃないのかなと考えているかと思います。

現に、有名動画サイトでFX取引の説明をされている方も、「移動平均線がこうなったから」とか「ポリジャーバンドの+2αに差し掛かったから」といった、ローソク足にはあまり触れていないように感じます。

ですが、常に収益を挙げ続けているプロトレーダーはローソク足をとても意識されているかと実感しています。

凄腕のトレーダーの中にはローソク足と移動平均線だけで巨額の収入を得ている方なんかもいらっしゃいます。

 

実際私の「トレード日記」を見ていただくとお分かりいただけるかと思いますが、ローソク足の分析から始まり、ローソク足で終わるといったようなこともあります。

なぜ、ローソク足がそこまで重要なのかというとリアルタイムの相場の勢いを知ることができることが一番の理由ですね。

ローソク足の振れ幅をみて、「これは売りの勢力が強いな」とか、「勢力が拮抗しているな、これはトレンドが転換するかもしれない」といったことをいち早く察知できるのです。

これは間違いなく必要な分析なので、これからFXを始めるという方はローソク足の勢いを分析できるようにFX取引を行ったほうが絶対に良いです!

 

また、移動平均線なんかは直近のローソク足ができた後に、相場の勢いを知ることになります。

「それでも良くね?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

ですが、そうなると長い実体線ができたりといった急激な変化に対して対応に後手に回ってしまうことがあります。

 

このことからローソク足はFX取引において、欠かせないテクニカル指標だといえます。

ローソク足の分析の仕方を知りたい方は『ローソク足の分析とシグナルを解説 ~見方と使い方を学べば勝率上昇!』をお読みください。

 

 

スポンサーリンク

移動平均線

移動平均線もFX取引で使っているトレーダーが多いかと思います。

私自身もチャート分析の際は必ず用いるテクニカル指標ですね。

移動平均線で何が分かるかというと相場の方向が一目でわかります。

FX初心者の方は移動平均線のシグナルである「ゴールデンクロス」や「デッドクロス」が分かるテクニカル指標だとお考えではないでしょうか?

経験上、確かにゴールデンクロスをしたときに、相場の上昇するといった傾向がありますね。

ですが、ゴールデンクロスをしたからと言って、上昇トレンドに転換(トレンドの継続)するとは限らないということも覚えておいてください。

一時的な急激な上昇(下落)なんてものは、相場的には頻繁に起こりうる現象です。

それなのに、移動平均線を鵜呑みにして、「ゴールデンクロスしたぞッ!、買いでエントリーするぜ!」なんていう安易な考え方では、FXで収益を挙げ続けるなんてほとんど無理ですよね(笑)

 

では、移動平均線で何を見るのかというと、短期・中期・長期の移動平均線の傾きや配置を確認するのです。

FXで収益を挙げるテクニックとして、トレンドに沿ってポジションを作る(順張り)がありますよね。

それを判断するために、私はよくポジションを作るときにパーフェクトオーダーかどうかを確認するようにしています。

パーフェクトオーダーであれば、ある程度のトレンドの継続が見込めるかもしれないと考えられるからです。

また、特に長期の移動平均線の傾きに注意し、下に傾いてきたら「ちょっとトレンドの勢いがなくなってきたかな」なんていう判断もできるのです。

 

このように、移動平均線の傾きや配置を確認することで、トレンドの向きはもちろん、トレンドの継続の可能性を知るために使うということです。

移動平均線の使い方を知りたい方は『移動平均線を使った勝つためのトレード手法を解説!』も合わせてお読みください。

 

 

スポンサーリンク

MACD

MACDはオシレーター系の中でも人気の高いテクニカル指標です。

MACDは移動平均線よりも敏感に相場の変動を察知することができます。

つまり、トレンドの転換をいち早く知ることができるといった利点のあるテクニカル指標です。

他の分析とMACDを用いることで、「ここで買いのポジションやなッ!」と自信をもって、ポジションを作ることが可能になるのです。

 

また、相場の目に見えない兆候を察知するなどの役目もしてくれます。

MACDなどのオシレータにはダイバージェンシーができることがあります。

例えば、相場は下降トレンドだけど、MACDでは上昇しているといった場合があるのです。

そのダイバージェンシーをみて、「トレンドが転換するかもしれないから、急激な変動に注意をしなければ!」といった相場の変動に備えることができるのです。

 

このようにMACDはポジションを作るとき、利確や損切りのタイミングなどの重要な場面で判断材料が少なくて混乱しないための指標だといえると思います。

MACDの使い方を詳しく知りたい方は『MACDの使い方 ~買い売りサインをシグナルで見極めろ!』も合わせてお読みください。

 

 

スポンサーリンク

FXは必要最低限のツールで勝負すべき

本記事では「ローソク足」「移動平均線」「MACD」の3つのテクニカル指標の説明をしました。

正直、私はFX取引ではこれ以外のものはほとんど使いません。

画面上にたくさん表示させると、重要な部分が見えづらくなったり、見るものが多すぎて重要なシグナルを見落としてしまうと考えているからです。

初心者の方で、オシレーターなどで何を使ってよいか分からない方は、3つのテクニカル指標をお勧めしたいと思います。

FXで収益を挙げる近道としては、1つ1つのテクニカル指標の本来の使い方で使いこなすことです。

多くのオシレーターを使って、それぞれ中途半端になってしまわないように、必要最低限に押さえておきましょう!

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました