FXトレードで勝つ人と負ける人の違い【方法&コツのヒントです】

FXコラム

どうも、むぅチャソです。

 

「FXで勝てない…」「自分とFXで成功している人との違いは何なんだ!」とFXで結果が出せないことに嘆いている方も多いかと思います。

 

ボクもFX初心者の頃はずっと「なんでや…」と勝てないことについて考えていた時期がありました。

 

ですが、現在はそれなりにFXで結果を出せるようになり、「あの頃はこういうところがダメだったなぁ」なんて考えることもあるんですよね。

 

そういった「昔はダメだったけど、今は〇〇だ」みたいなことが結構あるので、ボクの経験から書いていこうと思います。

 

もちろん、ボクだけの経験だと役不足なので、あらゆるFX関連の本とブログを読んだことから得た情報も含めた内容にしていこうと思います。

 

 

ぜひ、最後まで読んでみてください!

 

本記事はこんな人にオススメですFXで勝てなくて、何が悪いかわからない方

勝つ人と負ける人の違いを知りたい方

 

スポンサーリンク

トレードに対する心構え

 

「FXとはこういうものだ」といった割り切った考え方はとても重要です。

 

FXで一攫千金を狙っていたり、働かなくてもFXだけしていればよいといった考えを持っていると、損失が積もっていくことがあります。

 

つまり、FXに対する心構えが重要であるということです。

 

ここではFXで有効な勝ち方のとらえ方と、負けへの覚悟といった考え方について書いてこうと思います。

 

負けることを当然だと思っている

FXトレードで勝つ人は「負けて当然」と考えています。

 

でも、負ける人は「100%勝ちたい」と心の底から思っています。

 

実はこの違いってとても大きいです。

 

なぜなら…。

負けることを想定していることで、損失への対処が違う

からです。

 

損失を覚悟していれば、決済をスムーズにできたり、エントリータイミング時点でトレードのシナリオをきっちり作ろうと考えるからです。

 

そうすると、損失を最小限に抑えるタイミングで決済ができるようになります。

 

これができているとできていないでは、間違いなく決断のタイミングと対処法が変わってきますからね。

 

 

合計で勝つことを意識している

FXトレードで勝てる人は『合計で勝負』しています。

 

でも、負ける人は『1回のトレードで勝負』しています。

 

これはよくプロのFXトレーダーの方の著書で書かれている内容だったりします。

 

この考え方によって…。

トレードタイミングと決済タイミングの見極めに影響を与えます。

 

「1回のトレードで勝負している人」は1回のトレードごとに評価するかと思います。

 

例えば、損失がでれば落ち込みますし、利益が出れば喜びます。

こうなると、”頻繁にトレードをしてしまう”きっかけになってしまうんですよね。

 

損失を取り戻したくてトレードをしようとしますし、利益がでれば利益を追い求めます。

 

このトレード姿勢では、的確にエントリータイミングをうかがえる精神状態ではないことで、無茶なトレードをしてしまうことが多いんですよね。

 

たぶん、本記事を読んでいる方の中には「心当たりのある」と思った方もいらっしゃるかと思います。

 

なので、1回のトレードではなく、1か月などのある程度のスパンで利益(損失)を評価しましょう。

 

『合計で勝負する』を意識すると、落ち着いて1回1回の自分のトレードを見直すことができますから。

 

 

 

スポンサーリンク

感覚ではなく、理論で戦っている

 

「理屈なくして投資は成り立たない」というのが、FXで収益を挙げている人の特徴だと考えます。

 

FX関連の本やブログでもそうですが、基本的に結果を出している方は自分の理屈をもってトレードをしています。

 

ボクも同様、まったく理屈がなくて勝てた試しはほとんどありません。

 

ですので、ここでは『理屈(理論)』についてのFXトレードでの勝つ人と負ける人の違いについて書いていこうと思います。

 

根拠のないエントリーはしない

FXトレードで勝つ人は『根拠』を重要視します。

 

でも、負ける人は『直観』を重要視します。

 

こういった考え方の違いにより…。

2つのタイプでエントリータイミングが変わってくる

といえます。

 

FXトレードで負ける人は「これは上がるぞ!(下がるぞ)」といった、外見的なチャートの動きだけでエントリータイミングを決めている方が多いかと思います。

 

時には急激な相場変動に乗っかることが吉の場合がありますが、何も考えずに乗っかってしまうのは、いわゆる博打と何ら変わりがありません。

 

ですが、FXトレードで勝てる人は前もって、テクニカル分析でしっかりと相場の動きに対して推測を立て、エントリータイミングを待つという姿勢をとれているかと思います。

 

直観を重視している人は、絶妙なエントリータイミングを全く考えていなかったりするんですよね。

 

そりゃ、負けますよ…

 

欲は考慮に入れない

FXトレードで勝つ人は『欲を排除』します。

 

でも、負ける人は『欲を優先』させます。

 

自分の理性をコントロールできない人はFXで収入を得続けることはまずないでしょう。

 

その理性をコントロールすることで…。

初心者FXを出し抜いたトレードができるようになる

といえます。

 

FXという投資では無知な人間と欲を優先させた人間が搾取されていきます。

 

つまり、それらの人は損失を被るということです。

 

そして、そういう方たちが負けたことで利益を得るのが、賢いトレーダーたちです。

 

FX初心者のころに「今…今エントリーしたら利益が上がりそうッ!(*´Д`)ハアハア」っていうときは大抵、ポジションを持ち続けると損失を被ることって多いと思うんですよね。

 

逆にそういった「お金を稼ぎたい」という欲望を抑え、絶妙なエントリータイミングを待つことができると利益が得られます。

 

基本的に負けている一般トレーダーの方々は「相場の勢いがなくなる手前」でエントリーをしていることがほとんどです。

 

だからエントリーしたら、すぐに逆行してしまうなんていう状況になってしまうんです。

 

こういった「FX初心者が喜びそうなところ」ではトレードをしないで、その喜びそうなポイントの前後でトレードをするのがFXトレードで勝つ人の特徴なんですよね。

 

 

スポンサーリンク

感情の起伏が少ない

 

FXはテクニカル分析が重要とお考えの方は「メンタル面の話なんて関係ない」と思うかもしれません。

 

でも、いろいろなFXに関する本やブログを読んでみてください。

 

間違いなく、メンタル面の話が出てきます。

 

それぐらいプロのトレーダーはトレード中のメンタル面が重要なことを理解しています。

 

 

ここではFXトレードに必要なメンタル面に関する勝つ人と負ける人の違いについて書いていこうと思います。

 

結果で動じない

FXトレードで勝つ人は『どんな結果でも感情はそこまで動かない』です。

 

でも、負ける人は『良ければ喜ぶし、悪ければ落ち込む』といえます。

 

「普通結果が良ければ喜ぶでしょ!」と言いたい気持ちもわかります。

 

ですが、その感情が動くことによって、トレードにも影響が出るんですよね。

 

気分がよくなれば、「今ならうまくいく」と理屈関係なしに、積極的にトレードをしたくなるはずです。

 

でも、やっぱりこういった感情を持つことで、良いことよりも悪いこと影響が出てしまうものなんですよね。

 

だから、上でも書いた「1回のトレードではなく、長期的なスパンで評価する」ことをボクは勧めているんです。

 

なので、感情は持ち込まず、「機械的に自分のトレードルールをもってトレードをすることが大切だ」と多くのトレーダーは言うんですよね。

 

悪い結果でも、その後のトレード分析は欠かさない

FXトレードで勝つ人は『結果がどうであれ、自分トレードの分析を行う』っています。

 

でも、負ける人は『結果が悪ければ、自分以外の原因を探す』傾向あります。

 

どんな取り組みでもそうですが、失敗から学ぶ大切を理解している人のほうが大きな目標を成し遂げられますよね。

 

それと一緒で、FXでもトレード結果が悪くても、挫けずに「自分の見極めが甘かった」と考え、その損失を被った要因を分析を理解できるまでし続ける必要があるのです。

 

こういった自分のトレード悪い部分を1つ1つ潰していくことが、FXで収益を上げ続ける必須条件だと思っています。

 

少し精神論っぽいですが、これはホントに重要な話です。

 

 

スポンサーリンク

ポジション保有時間の目安を持っている

 

ポジション保有時間って結構重要だったりします。

 

ボクはFXを始めた頃は『スキャルピング』といった数秒から数分のトレード手法で取り組んでいました。

 

ですが、この短い時間を想定したトレード手法では全く成果が上がりませんでした。

 

いわゆる、FXで有名な「コツ、コツ、ドカン」といった細かく利益を確保していった挙句、一度の損失で帳消し、もしくはマイナスが大きくなっていました。

 

ですが、いろいろなFX関連の本やブログ、FX動画をみて、試行錯誤していったら、徐々に収益が上がるようになっていきました。

 

ですので、ここではそういったポジション保有時間について書いていこうと思います。

 

初めから短いトレードは想定していない

FXトレードで勝つ人は『短いトレードが想定される場合にはトレードをしない』といえます。

 

でも、負ける人は『短いポジション保有でもよい』という考えでトレードをしています。

 

FXときくと、短時間でバンバン取引するイメージが強いですよね。

 

ですが、FXで勝てる人で『スキャルピング』のような短時間トレードをしている人は間違いなく少ないです。

 

これに関してはボクもそうですし、調べればわかりますが、できるだけ長い時間ポジションを持っておこうという気持ちでトレードをしていることがみていてわかります。

 

これはFX初心者が勝てない理由でもある『ポジポジ病』が関係しています。

 

このポジポジ病のいけない理由は「トレンド中に何度もポジションをとってしまっている」というところです。

 

為替相場は変化が激しいですから、短時間で見れば見るほど、とても動きの激しいチャートをみることになるわけです。

 

また、短時間のトレードではテクニカル分析は通用しませんから、結果的に博打になってしまうのです。

 

なので、FXで勝つ人は基本的には短いトレードはしないといえるのです。

 

 

もしも、どれぐらいポジション保有時間があればよいのかわからないという方は下の記事も併せて読んでみてください。

 

1日完結型(デイトレード)にしている

FXトレードで勝つ人は『チャートから目を離すときはトレードをしない』方が多いです。

 

でも、負ける人は『チャートから目を離した状態が長い』という傾向にあるかと思います。

 

為替相場は国の経済関係によって、短期間で大きく変化することがあります。

 

それこそ、数時間で途轍もなく大きく動くことだってあります。

 

そうなると、チャートを確認できない状況でポジションを持っていると、自分が持っているポジション方向とは逆に相場が動いても、対応するのが遅れてしまうことがあります。

 

また、長期的なポジション保有を想定したトレードは、ファンダメンタルズの知識があればよいですが、経済について全く分からない人がそれをしてしまうと、損失を大きくしてしまうことが多々あります。

 

あるYouTuberに長期的なポジション保有を目的にしている人でFXのトレード状況を報告動画を報告している方がいます。

 

その方は経済についてほとんど知らないことと、情報を事後で取り入れていることから、どんどん損失を大きくしている人がいます。

 

こうなってしまえば、ただただ強制ロスカットを待つような状況に陥ってしまうんですよね。

 

その人を見ていると不憫で仕方がありません…。

 

なので、ボクはFXで最も勝つ人が多く、ボクも取り入れている『デイトレード』という手法でトレードをしてみるとよいかと思います。

 

もしも、デイトレードのことが分からないという方は下の記事を読んでみてください。

 

 

最後に:FXで負けている人は負ける考え方をしている

 

本記事のFXで勝つ人と負ける人の違いはいかがだったでしょうか?

 

FXで負け続けている人なんかは思い当たる節があるかと思います。

 

言うまでもありませんが、本記事で書いたことがすべてではありません。

 

もっとたくさんの負ける人の特徴も存在します。

 

ここで紹介したような勝つ人には勝なりの考えがあり、負ける人は負けるなりの理由があるということを覚えておいてください。

 

決して、「イレギュラーな相場変動があったから負けた」なんていう結論でトレードを締めくくらないようにしてください。

 

しっかりと自分のトレードを分析して、「何がいけなかったのか」ということに気づいていけるように心がけてください。

 

 

ぜひ、ご自身の悪い考えに気づけるように習慣を身につけてみてください!

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

またね(/・ω・)/

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました