エバラ食品工業(2819)株主優待・業績・株価【近年業績は伸びてきているが、株価は再度レンジ相場に突入】

経営状況

「エバラ焼き肉のタレ」をはじめとした家庭用調味料の製造販売を行う企業『エバラ食品工業』。

 

そんなエバラ食品工業が3月に株式優待の権利日がありますので、ここでは簡単に『優待の内容・参考指数・チャート』について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

エバラ食品工業の株主優待はどんなモノ?

ここでは「エバラ食品工業に投資をするとどんな株主優待が得られるのか」について書いていきます。

 

エバラ食品工業の株主優待の内容【年1回(3月)】

味の素の優待は年1回(3月)です。

 

そして、優待内容は…。

エバラ食品の商品詰め合わせ

を受け取ることができます。

 

その味の素商品の詰め合わせは株式保有数に応じて変化します。

・100株~299株:1,000円相当

・300株~999株:3,000円相当

・1000株以上:5,000円相当(もしくはQUOカード5,000円分)

 

下はエバラ食品工業の優待を受け取った方のツイートになります。

エバラ食品工業の株主優待はいつ届くの?

エバラ食品の公式優待ページには発送予定日の記載はありませんでした。

なので、ボクがツイッターで優待を受け取った人のツイート日付を確認したところ、2019年の場合は「6月8日から6月21日」といった感じになっています。

 

エバラ食品工業の「総合利回り(配当+優待)」は?

エバラ食品工業の総合利回りは他の銘柄と比べると低いです。

 

1株配当は「36円」で配当利回りは「1.64%」になっています。

また、単元株である100株で考えた場合、1年間で「1,000円相当」受け取れるので、優待利回りは「0.45%」とのこと。※現在(2020/02/21 15:00)の株価は「2,193円」である。

なので、実質的な利回りとして「2.09%」になります。

エバラ食品工業の優待利回りは低いです。

それに配当を足しても低い感じがします。

 

スポンサーリンク

エバラ食品工業の業績はどんな感じ?

次にエバラ食品工業が公開しているデータで業績を確認していきます。

 

エバラ食品工業の業績を確認する

まず初めに、ここでは簡単に業績確認を行っていきます。

下のデータはエバラ食品工業の2015年から2019年までの業績となります。(「売上高①」「当期純利益②」と記載します)

〇年ごとの四半期通算の前年比(百万円単位)

【2015年】

①49,575(-1.1%)

②791(-6.9%)

【2016年】

①50,708(+2.3%)

②1,030(+30.2%)

【2017年】

①51,365(+1.3%)

②1,179(+14.5%)

【2018年】

①50,397 (-1.9%)

②1,174(-0.4%)

【2019年】

①51,306(+1.8%)

②1,649(+40.4%)

引用:財務情報

上のデータを見てみると、エバラ食品工業のここ最近の業績は伸びてきています。

2019年の業績でいえば、利益面で前年より「+40.4%」と大きく増益しています。

 

そして、2020年3月期四半期の業績は下の通りです。

〇2020年3月期四半期の前年同期比(百万円単位)

【第1】

①12,138(-1.8%)

②305(-6.7%)

【第2】

①25,575(-0.7%)

②787(-2.2%)

【第3】

①40,489(+0.3%)

②1,563(-8.9%)

【第4】

①(公開後更新)

②(公開後更新)

引用:決算短信

今回のエバラ食品の第1~第3四半期を確認してみると、前回よりもマイナスになってしまっています。

とはいっても、前回が大きく増益をしているので、そこら辺を考慮すると大した問題ではないと考えてもよいかもしれません。

 

エバラ食品工業の参考指数を確認する

引用:Yahooファイナンス

現時点(2020/02/21 15:00)のエバラ食品工業のPERは「14.95倍」になっています。

そして、エバラ食品工業が属する業種『食料品』の東証一部上場でのPER平均は「20.8倍(2020年1月データ)」ですから、”業界的には割安といえます。

 

また、エバラ食品工業のPBRは「0.89倍」になっています。

このPBRも業界平均であれば「0.9倍」ですから”業界的には相応の値となっている”といえます。

 

スポンサーリンク

エバラ食品工業の『株価』はどんな感じ?

下の株価チャートはエバラ食品工業の直近5年間(2020/02/21 15:00時点)のチャートになります。

引用:SBI証券

2014年末の「2290円」をピークに下落していたエバラ食品。

その下落は2016年8月26年を底値(1851円)となっている。

 

その底値から勢いよく上昇し、2017年3月24日で「2150円」にまで達しています。

その後は「2100円」のラインを軸にレンジ相場が2018年5月2日まで続き、そのあとは上にレンジブレイクし上昇しています。

そのレンジブレイクはエバラ食品は5月に四半期通算の発表を控えていることが理由に挙げられ、業績が上向きになっていることや、実際に良い業績を公開したことで上昇を加速させました。※2018年5月に発表された当期純利益は前年の「+11.6%」です。

当時のレンジブレイクでの上昇はエバラ食品過去最高値である「2391円」まで上がりました。

 

しかし、勢いの強い相場変動には必ずと言っていいほど、強い引き戻しがあるものです。

レンジブレイクによる上昇のピーク後はすぐに強い下落となりました。

その下落後は「2100円」で激しい競り合い、一時は異常な下落で「1900円」に迫ったり、「2000円」のラインで反発などがありました。

 

現在は下落で何度も上に抜けるチャレンジをしている「2200円」のラインに再度迫っている状況になっています。

 

スポンサーリンク

エバラ食品工業のまとめ

本記事のエバラ食品工業の内容のまとめは下のとおりです。

・優待内容は「エバラ食品の商品詰め合わせ」となっている。

・業績は2019年の業績は好調、今回の四半期はその前年より利益面で若干マイナスとなっている。

・株価は過去にレンジ相場を作った「2100円」のラインを軸にレンジ相場になっている。

 

エバラ食品は焼き肉のたれなどの家庭用調味料の製造販売を行っている企業です。

エバラ食品の商品ではよくテレビCMで流れる「エバラ焼き肉のタレ♪」が有名でして、たぶんほとんどの人がご存じの商品を扱っている企業です。

 

そんなエバラ食品に投資を行うと、「エバラ食品の商品詰め合わせ」が受け取れ、単元買いであれば年間「1000円相当」受け取ることができます。

その単元の場合の優待利回りは「0.45%」と他の銘柄よりも数値となっています。

 

業績面の話をすると、2019年は前年比較すると当期純利益は「+40.4%」と好調で、今回の四半期はその好調より若干低い収益状況となっています。

 

株価はチャートで見られるいくつかのレンジ相場が目立ち、そのレンジ相場を作る「2100円」のラインで現在も競り合っている状況になっています。

 

ですので、上のことを踏まえたうえで、自身でも調査をしてエバラ食品工業に投資をするかを検討してみてください。

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました