壱番屋(7630)株主優待・業績・株価【決算発表後、株価下落しています】

経営状況

カレーハウスCoCo壱番屋を運営するカレーライス専門店チェーン最大手の『壱番屋』。

ハウス食品グループ本社の連結子会社でもあります。

 

カレーを食べに行くとなれば「ココイチでしょ!」っていう人もメチャメチャ多いと思います。

それぐらいカレー分野で知名度の高い企業だったりします。

 

そんな壱番屋が2月に株式優待の権利日がありますので、ここでは簡単に『優待の内容・参考指数・チャート』について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

壱番屋の株主優待はどんなモノ?

ここでは「壱番屋に投資をするとどんな株主優待が得られるのか」について書いていきます。

 

壱番屋の株主優待の内容【年2回(2月・8月)】

壱番屋の優待は年2回(2月・8月)です。

 

そして、優待内容は…。

飲食優待券

を受け取ることができます。

 

その壱番屋の飲食優待券は株式保有数に応じて変化します。

・100株~199株:1,000円分

・200株~999株:2,000円分

・1,000株~1,999株:6,000円分

・2,000株以上:12,000円分

 

また、下のようなサービスも受けられるようになります。

・店内でのご飲食以外に「お持ち帰り弁当・宅配弁当・店内商品」を利用できる。

・希望に応じて当社指定の商品(レトルトカレー、ギフトセットなど)の配送してもらえる。

 

下は壱番屋の優待を受け取った方のツイートになります。

壱番屋の株主優待のお買物券はいつ届くの?

壱番屋公式HPに優待は下が目安だと記載されています。

・2月末:5月下旬に発送予定

・8月末:11月下旬に発送予定

 

ボクがツイッターを確認した感じだと「2月末の優待は6月上旬から中旬」「8月末の優待は11月中旬から下旬」といった感じでした。

 

壱番屋の「総合利回り(配当+優待)」は?

壱番屋の配当と優待の利回りを合した総合利回りは他の銘柄と比べると低いです。

 

1株配当は「80円」で配当利回りは「1.39%」になっています。

単元株である100株で考えた場合、1年間で飲食優待券が「2,000円分」受け取れるので、優待利回りは「0.34%」とのこと。※現在(2020/02/14 15:00)の株価は「5,740円」である。

なので、実質的な利回りとして「1.73%」になります。

他の銘柄と比べると優待利回りはかなり低い数値となっています。

インカムゲイン狙いの人にはあまり得がない銘柄になってしまっています。

 

スポンサーリンク

壱番屋の業績はどんな感じ?

次に壱番屋が公開しているデータで業績を確認していきます。

 

壱番屋の業績を確認する

まず初めに、ここでは簡単に業績確認を行っていきます。

下のデータは壱番屋の2015年から2019年までの業績となります。

引用:財務情報

壱番屋の業績は売上は年々増収で、当期純利益は減益といった感じになっています。

2019年を2018年で比較してみると、売上高は「+1.49%」、純利益は「-12.5%」となっています。

 

そして、2020年2月期四半期の業績は下の通りです。

〇2020年2月期四半期の前年同期比(百万円単位)

第1:「売上高 12,756(+3.9%)」「純利益 1,067(+27.4 %)」

第2:「売上高 25,679(+3.5%)」「純利益 1,909(+20.1%)」

第3:「売上高 38,329(+2.4%)」「純利益 2,781(+19.5%)」

第4:(公開後更新)

引用:決算短信

2019年の業績は2018年と比べると利益面では減益となっています。

しかし、今回四半期の第1~第3の結果はその前回ものと比べるとプラスとなっています。

 

壱番屋の参考指数を確認する

引用:Yahooファイナンス

現時点(2020/02/14 15:00)の壱番屋のPERは「56.56倍」になっています。

そして、壱番屋が属する業種『小売業』の東証一部上場でのPER平均は「25.9倍(2020年1月データ)」ですから、”業界で見たら2倍以上割高”といえます。

 

また、壱番屋のPBRは「6.05倍」になっています。

このPBRも業界平均であれば「1.8倍」ですから”業界的に3倍以上割高”といえます。

 

スポンサーリンク

壱番屋の『株価』はどんな感じ?

下の株価チャートは壱番屋の直近5年間(2020/02/14 15:00時点)のチャートになります。

引用:SBI証券

壱番屋の株価は比較的きれいな上昇トレンドの真っ最中です。

しかし、現在大きな上昇後の引き戻しにあっており、上昇トレンドが崩れる可能性があります。

 

壱番屋の株価は2013年1月(株価1500円未満)からの上昇をきっかけに、現在まで上昇トレンドとなっています。

その上昇トレンドは「2016年8月19日(3100円)」「2017年4月14日(3465円)」で押し目をつくり、2017年7月から2019年8月までレンジ相場(4000円と5000円の間で)になっています。

 

そして、「5000円」のラインを上に抜けた後にもみ合いとなります。

その後、2019年11月中旬から上昇が始まり、第3四半期の決算短信公開日前日(12月24日ビーク「終値6020円」)まで上昇しました。

しかし、第3四半期の決算短信公開後(12月25日)、すぐに下落の勢いが強まりました。

現在はその下落の勢いでどんどん株価が下がっていっている状況です。

 

壱番屋の今後の株価の動向としては「5000円」のラインまで下落していくと予想しています。

というのも、「トレンド中にトレンド方向に大きく変動(今回は他の高値更新よりも大きい)し、すぐにトレンド逆方向に一気に進み、トレンドが転換する」というのは株価チャートではありきたりなパターンです。

 

ですが、もちろん今年は壱番屋に業績的な意味でポジティブな情報があることから、株価の上昇もきっかけさえあればあり得ます。

なので、前回のレンジである2017年7月から2019年8月までレンジ相場の原因となっている「5000円」ラインでどう動くかが重要になってくると考えています。

 

スポンサーリンク

壱番屋のまとめ

本記事の壱番屋の内容のまとめは下のとおりです。

・優待内容は壱番屋で利用できる「飲食優待券」となっている。

・業績は2019年2月期四半期は前年よりも減益となっていますが、2020年2月期四半期の第1~第3は増益となっている。

・株価は相場は下向きで「5000円」のラインを目掛けて下落している。

 

壱番屋はカレーハウスCoCo壱番屋を運営するカレーライス専門店チェーン最大手の企業です。

多くの人の「カレーといえば」で名前が出てくるほど、カレーの分野で知名度の高い企業でもあります。

 

そんな壱番屋の業績は前年と比較すると第3四半期までの業績では利益面でプラス20%となっています。

しかし、その業績に反して壱番屋の株価は下落しています。

今は前回のレンジ相場を作った「5000円」のラインに向かって下落している感じでして、そのラインでどう動くかがターニングポイントだと思っています。

 

なので、今は株価が高く手を出しにくいですが、下落して株価の変動が落ち着いたら優待目当てで投資してもいいかもしれませんね。※今は株価が下がっているし、利回りが低すぎるので投資には向かないです。

 

自論ではありますが、上のことを踏まえたうえで壱番屋に投資をするかを検討してみてください。

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました