キッコーマン(2801)株主優待・業績・株価【株価上昇・業績上向きとなっています】

経営状況

醤油を主とする調味料、加工食品の製造販売を行っている『キッコーマン』。

そんなキッコーマンは醤油業界ではナンバー1シェアの企業でもあります。

 

そんなキッコーマンが3月に株式優待の権利日がありますので、ここでは簡単に『優待の内容・参考指数・チャート』について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

キッコーマンの株主優待はどんなモノ?

ここでは「キッコーマンに投資をするとどんな株主優待が得られるのか」について書いていきます。

 

キッコーマンの株主優待の内容【年1回(3月)】

キッコーマンの優待は年1回(3月)です。

 

そして、優待内容は…。

グループ商品の詰め合わせ

を受け取ることができます。

 

そのグループ商品の詰め合わせは”株式保有数””株式保有継続期間”に応じて変わります。

【1年以上3年未満】

・100株~999株:1,000円相当

・1000株以上:3,000円相当

【3年以上:5000円相当】

・3000円相当+オリジナル調味料セット(2000円相当)

・3000円相当+オリジナル飲料セット(2000円相当)

・3000円相当+オリジナルQUOカード(2000円分)

 

下はそのキッコーマンの優待を受け取った方のツイートになります。

キッコーマンの株主優待はいつ届くの?

キッコーマンの公式優待ページに記載されている発送予定時期は”8月下旬”となっています。

継続保有期間が3年以上で追加される分は”10月上旬”となっている。

 

キッコーマンの「総合利回り(配当+優待)」は?

キッコーマンの総合利回りは他の銘柄と比べてかなり低い値となっています。

 

1株配当は「42円」で配当利回りは「0.73%」になっています。

また、単元株である100株で考えた場合、1年間で「1,000円相当」ですから、優待利回りは「0.17%」とのこと。※現在(2020/02/21 15:00)の株価は「5,740円」である。

なので、実質的な利回りとして「0.90%」になります。

キッコーマンは優待利回りはほかと比べるとかなり低いです。

そして、配当を加えた総合利回りも、かなり低い数値となっています。

 

スポンサーリンク

キッコーマンの業績はどんな感じ?

次にキッコーマンが公開しているデータで業績を確認していきます。

 

キッコーマンの業績を確認する

まず初めに、ここでは簡単に業績確認を行っていきます。

下のデータはキッコーマンの2015年から2019年までの業績となります。(「売上高①」「当期純利益②」と記載します)

〇年ごとの四半期通算の前年比(百万円単位)

【2015年】

①371,339(+8.2%)

②15,382(+22.5%)

【2016年】

①408,372(+10.0%)

②19,964(+29.8%)

【2017年】

①402,174(-1.5%)

②23,810(+19.3%)

【2018年】

①430,602(+7.1%)

②23,846(+0.1%)

【2019年】

①453,565(+5.3%)

②25,992(+9.0 %)

引用:財務情報

上のデータを見てみると、キッコーマンは年々、売上・利益ともに伸ばしてきています。

 

そして、2020年3月期四半期の業績は下の通りです。

〇2020年3月期四半期の前年同期比(百万円単位)

【第1】

①115,642(+3.5%)

②7,975(+12.3%)

【第2】

①231,624(+2.4%)

②15,289 (+6.7%)

【第3】

①355,496(+3.5%)

②23,407(+4.8 %)

【第4】

①(公開後更新)

②(公開後更新)

引用:決算短信

キッコーマンの業績はここ数年の伸びてきている。

加えて、今回の四半期も売上と利益ともにプラスとなっている。

 

キッコーマンの参考指数を確認する

引用:Yahooファイナンス

現時点(2020/02/21 15:00)のキッコーマンのPERは「41.44倍」になっています。

そして、キッコーマンが属する業種『食料品』の東証一部上場でのPER平均は「20.8倍(2020年1月データ)」ですから、”業界的には2倍近く割高”といえます。

 

また、キッコーマンのPBRは「3.96倍」になっています。

このPBRも業界平均であれば「1.4倍」ですから”業界的に2倍以上割高”といえます。

 

スポンサーリンク

キッコーマンの『株価』はどんな感じ?

下の株価チャートはキッコーマンの直近5年間(2020/02/21 15:00時点)のチャートになります。

引用:SBI証券

2014年末から「3000円」のラインを上に抜けた後、「3000円」と「4000円」の間でレンジ相場となります。

そのレンジ相場は2017年11月中旬で上にブレイクし、上昇トレンドに移行します。

 

その上昇トレンドでは「4000円」「5000円」で押す目を作り、「7000円」のラインに迫りますが勢いがなくなります。

一時は「6000円」のラインで反発しますが、2度目の反発で下に抜け下落していきました。

その下落では底値「4505円」まで落ちました。

 

現在は上昇しており、「6000円」に迫る状況となっています。

 

自論「6000円」のラインに再度迫っていることから、現状ではきっかけがあれば上昇していくと考えています。

その上昇のきっかけになるのが、最近伸びてきている業績が株価の上昇材料になる可能性になりえますから、4月に公開される2020年3月四半期の発表を注意しておくとよいかもです。

 

スポンサーリンク

キッコーマンのまとめ

本記事のキッコーマンの内容のまとめは下のとおりです。

・優待内容は「グループ商品の詰め合わせ」となっている。

・業績はここ数年間の業績は上向きで、今回の四半期も売上・利益ともに前年よりプラスとなっている。

・株価は「6000円」に迫るように上昇している。

 

キッコーマンは醤油を主とする調味料、加工食品の製造販売を行っている企業です。

醤油業界ではナンバー1シェアとなっている大手企業です。

 

そんなキッコーマンに投資を行うと、単元であれば1000円相当の醤油、めんつゆやポン酢などのグループ商品を受け取ることができます。

しかし、その優待利回りは「0.17%」と他の銘柄と比較すると、かなり低い値となっています。

 

業績は上向きでして、2019年3月期・2020年3月期の四半期は売上・利益ともに前年よりプラスとなっています。

株価も一時は下落していたものの、現在では「6000円」に迫っている状況だったりします。

 

配当や優待でのインカムゲインは期待できない銘柄です。

ですが、業績には伸びがあることから売買益という意味ではアリなのかもしれません。※株価が大きいことから下落した場合、かなりの損失を生むこともある。

 

最後に、ここで書いたことは自論です。

ですので、上のことを踏まえたうえで、自身でも調査をしてキッコーマンに投資をするかを検討してみてください。


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました