小林製薬(4967)株主優待・業績・株価【業績は3年連続増収増益・株価は10000円でもみ合いとなっている】

経営状況

一般用医薬品や生活衛生関連商品の開発・製造・販売を行っている『小林製薬』。

小林製品の有名な製品として、目を洗う『アイボン』や『熱さまシート』、息リフレッシュの『ブレスケア』などが挙げられます。

きっと他にも医薬品でも知らずに使っているなんてこともあるかと思います。

 

そんな有名商品を扱う『小林製薬』が6月と12月に株式優待の権利日があるということですので、ここでは簡単に『優待の内容・業績・株価チャート』について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

小林製薬ってどんな会社?

小林製薬グループは医薬品・芳香剤・栄養補助食品(サプリメント)・日用雑貨品などの分野で様々な製品の製造販売を行っています。

その小林製薬は「あっ小林製薬」といったシンプルながらインパクトのあるフレーズを用いたテレビCMで有名です。

 

そんな小林製薬は「どんな企業なのか」について簡単に書いていきます。

 

『家庭用品製造販売』を主軸に行っている企業

小林製薬グループは医薬品・芳香剤・栄養補助食品(サプリメント)・日用雑貨品などの分野で様々な製品の製造販売を行っています。

それらの製品はドラッグストアやスーパーなどで多く見られ、知らないうちにたくさんの方々が利用されているかと思います。

 

そんな製品の中でも特に有名な製品に下のようなモノがあります。

・額用冷却シート『熱さまシート』

・息リフレッシュの『ブレスケア』

・目を洗う『アイボン』

 

上の製品は人生の中で一度は誰もが利用したことはあるんじゃないかなと思います。

 

『芳香消臭剤』は首位!

実は小林製薬の”芳香消臭剤”分野では首位となっています。

 

そんな小林製薬の芳香消臭剤で有名なのが『お部屋の消臭元』シリーズですよね。

その他にもトイレで消臭剤『ブルーレットおくだけ』や車で使う『車の消臭元』なんかも有名だったりします。

 

意外と知られていませんが、小林製薬が芳香消臭剤でトップと聞いてみると「あぁ、そうだよね」と納得できてしまうほど有名な企業だったりしますよね。

 

スポンサーリンク

小林製薬の株主優待【内容・いつ届く・優待利回り】

 

ここでは「小林製薬に投資をするとどんな株主優待が得られるのか」について書いていきます。

小林製薬の株主優待の内容【年2回(6月・12月)】

小林製薬の優待は年2回(6月・12月)です。

そして、その優待の内容は下の通りです。

【100株以上】

1.5,000円相当の自社製品詰め合わせセット

2.当社通信販売製品の10%割引

【300株以上&保有期間3年間】

・「復興支援 選べるギフト」を追加進呈(年1回)

 

下は小林製薬の優待を受け取った方々のツイートになります。


むぅチャソ

「5000円相当」だけあって商品が豊富ですね!

しかも、日常で使えるモノばかりなので無駄にならない優待ですね!

 

小林製薬の優待はいつ届く?

小林製薬の公式HPには優待の到着日に関する記述はありません。

 

ツイッターにて優待を受け取った人のツイート日を確認してみると下のようになっていました。

6月:9月21日~10月8日(特に24日が多かった)

12月:3月18日~3月23日

 

小林製薬の「総合利回り(配当+優待)」は?

小林製薬の配当は1株当たりの配当が「75円」で配当利回りは「0.78%」となっています。

小林製薬の株式を100株保有した場合、優待は「年10,000円相当」ですから、小林製薬の優待利回りは「1.04%」になります。※現在(2020/05/22 15:00)の株価は「9,580円」である。

 

ですので、小林製薬の実質的な利回りは「1.82%となります。

優待利回りも1%超ですが低い数値といえます。

また、配当利回りは1%未満で、総合利回りも低くなっています。

 

スポンサーリンク

小林製薬の業績はどんな感じ?

次に小林製薬が公開しているデータで簡単に分析していきます。

小林製薬の業績を確認する

まず初めに、ここでは簡単に業績確認を行っていきます。

下のデータは小林製薬の2015年から2019年までの業績となります。(「売上高①」「当期純利益②」と記載します)

〇年ごとの四半期通算の前年比(百万円単位)

【2015年】

①137,211(+6.9%)

②13,466(+8.2%)

【2016年】

①120,051(–%)

②14,321(–%)

【2017年】

①156,761(–%)

②15,863(–%)

【2018年】

①167,479(+6.8%)

②18,023(+13.6%)

【2019年】

①168,052(+0.3%)

②19,139(+6.2%)

引用:財務情報

小林製薬の業績はここ数年で売上高・利益ともに伸びてきているといえます。

2017年から2019年の3年間は増収増益となっている状況です。

 

2019年の業績

小林製薬の国内事業の構成比は下の通りです。

・カイロ:-22億円(△31.7%)

・漢方:+13億円

・スキンケア:+10億円(+15.7%)

 

国内外ともに暖冬が原因でカイロの売上が下がってきている状況です。

ですが、それ以外の医薬品である『漢方』と『スキンケア』関連の製品の売上が上がったとのことです。

 

また、海外旅行客の消費であるインバウンドの業績は前年よりも『-6億円』と以前までは右肩上がりだった部分で下がっているのも気になるところです。

 

2020年四半期

そして、2020年12月期四半期の業績は下の通りです。

〇2020年12月期四半期の前年同期比(百万円単位)

【第1】

①31,911(+0.7%)

②3,742(+1.6%)

【第2】

①(公開後更新)

②(公開後更新)

【第3】

①(公開後更新)

②(公開後更新)

【第4】

①(公開後更新)

②(公開後更新)

引用:決算短信

今回の四半期は前年よりも売上高・利益ともに高く更新しています。

 

第1四半期では2020年1月中旬以降、新型コロナウイルスにより小林製薬はマスクを中心とした「除菌・衛生管理」の製品が伸びています。

しかし、各国の渡航制限が設けられたことや移動制限によりインバウンド面では減収となってしまいました。

 

小林製薬の参考指数を確認する

引用:Yahooファイナンス

現時点の小林製薬のPERは「37.44倍」になっています。

そして、小林製薬が属する業種『化学』の東証一部でのPER平均は「14.6倍(2020年4月データ)」ですから”業界的に2倍以上割高”といえるかと思います。

 

また、小林製薬のPBRは「4.39倍」になっています。

このPBRも業界平均であれば「1.1倍」ですから”業界的には4倍近く割高”といえるかと思います。

 

スポンサーリンク

小林製薬の『株価』はどんな感じ?

下の株価チャートは小林製薬の直近10年間(2020/5/22 15:00時点)のチャートになります。

引用:SBI証券

2011年から2013年まで「2000円」付近にありました。

ですが、2013年上旬から上昇し始め、上昇トレンドに入ります。

 

その上昇トレンドでは2018年6月中旬に「10,000円」に迫っています。

それ以降、数回このラインで反発してレンジ相場となりますが、2020年4月中旬に一時的に上に抜けています。

そして、現在はこのライン(10,000円)でもみ合いになっている状況となっています。

 

小林製薬のまとめ

本記事の小林製薬の内容のまとめは下のとおりです。

・優待は単元(100株)保有で「5000円相当の自社製品詰め合わせ」となっている。

・業績は2016年以降は増収増益となっている。

・株価は「10,000円」付近でもみ合いとなっている。

 

小林製薬は多くの有名医薬品、日用品を扱う企業です。

 

そんな小林製薬に投資を行うと単元(100株)で「5000円相当」を年2回受け取ることができます。

その優待利回りは「1.04%」となっています。

 

そして、業績は2016年以降の3年間は連続して増収増益となっています。

また、株価は2018年6月中旬に「10,000円」に迫って以降、「10,000円」と「8,000円」の間でレンジ相場となっており、2020年4月に一時的に「10,000円」を上に抜けますが、現在はこのラインでもみ合いになっている状況です。

 

上のようなことを踏まえたうえで、自身でも調査をして小林製薬に投資をするかを検討してみてください。


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました