セイヒョー(2872)株主優待・業績・株価【減収赤字・株価は3500円と3000円でレンジ相場となっている】

セイヒョーは主に新潟県内で森永乳業向けOEM製品やオリジナルのアイスクリームなどの氷菓などの製造・販売を行っている企業です。

 

そんなセイヒョーが8月に株式優待の権利日がありますので、ここでは簡単に『優待の内容・参考指数・チャート』について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

セイヒョーの株主優待はどんなモノ?

ここでは「セイヒョーに投資をするとどんな株主優待が得られるのか」について書いていきます。

 

セイヒョーの株主優待の内容【年1回(8月)】

セイヒョーの優待は年1回(8月)です。

 

そして、優待内容は下から選ぶことができます。

自社製品詰め合わせ

 

そのセイヒョーの優待は”株式保有数”に応じて変わります。

・100株~499株:3,000円相当

・500株以上:5,000円相当

 

下はそのセイヒョーの優待を受け取った方のツイートになります。

セイヒョーの「総合利回り(配当+優待)」は?

金額(年間) 利回り
配当 40円 1.22%
優待(100株) 3,000円
0.91%

※2020/07/03時点(株価 3,280円)

セイヒョーの配当利回りは1%超で平均以下だといえます。

また、優待利回りも1%に満たない数値なので低いといえます。

 

スポンサーリンク

セイヒョーの業績はどんな感じ?

次にセイヒョーが公開しているデータで業績を確認していきます。

 

セイヒョーの業績を確認する

まず初めに、ここでは簡単に業績確認を行っていきます。

下のデータはセイヒョーの2016年2月期から2020年2月期までの業績となります。

年ごとの四半期通算の前年比(百万円単位)
年度 売上高(%) 営業利益(%) 経常利益(%) 当期純利益(%)
2016年 3,524(+3.2) 20(–) 47(–) 61(–)
2017年 3,821(+8.4) △2(–) 23(△50.9 ) 11(△82.0)
2018年 3,645(△4.6) △79(–) △44(–) 12(+12.1)
2019年 4,047(+11.0) 46(–) 75(–) 64 (+417.7)
2020年 3,733(△7.7) △72(–) △59(–) △67(–)

 

セイヒョーの業績は落ちてきています。

 

売上高は以前までは小さく増収が続いていましたが、2020年2月期では微減となっています。

加えて、利益面では上の5年間の間で営業利益は数回赤字となっており、純利益も2020年2月では赤字となっています。

 

セイヒョーの参考指数を確認する

本銘柄(倍)
[2020/07/03時点]
業界平均(2020年6月)
[東証2部 食料品]
PER 29.81 35.4
PBR 1.33 1.0

 

セイヒョーのPERは「29.81倍」ですから”業界的に割安”といえます。

しかし、PBRは「1.33倍」なので”業界的に若干割高といえます。

 

スポンサーリンク

セイヒョーの『株価』はどんな感じ?

下の株価チャートはセイヒョーの直近10年間(2020/07/03時点)のチャートになります。

引用:SBI証券

セイヒョーの株価は2013年以前までは下降トレンドでした。

しかし、2013年1月中旬から上昇トレンドに転換します。

その上昇では同年7月中旬に「4000円強」となっています。

 

その高値以降は「4000円」と「2500円」でレンジ相場となり、次に「3500円」と「3000円」の間で上下が狭まったレンジ相場に切り替わり、現在まで続いている状況です。

 

スポンサーリンク

セイヒョーのまとめ

本記事のセイヒョーの内容のまとめは下のとおりです。

・優待内容は「自社製品詰め合わせ」となっている。

・業績は2020年2月期の赤字となっている。

・現在は株価は「3500円」と「3000円」でレンジ相場となっている。

 

主に新潟県内で森永乳業向けOEM製品やオリジナルのアイスクリームなどの氷菓などの製造・販売を行っている企業『セイヒョー』。

 

そんなセイヒョーの優待は「アイスなどの自社製品詰め合わせ」となっています。

その利回りは100株の場合、「年3000円」なので『0.91%』となっています。

 

そして、業績は落ちてきています。

売上高は数年間では減収増収が繰り返されている感じです。

ですが、利益面は赤字が目立ち、2020年2月期は営業利益・純利益ともに赤字となっています。

 

また、株価は2013年7月で「4000円」を上回って以降、レンジ相場となり、現在の振れ幅は「3500円」と「3000円」となっています。

 

上のようなことを踏まえたうえで、自身でも調査をしてセイヒョーに投資をするかを検討してみてください。

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました