テクノアルファ(3089)業績・株価【2020年の第3四半期は減収赤字・株価は1000円を軸に相場が動いている】

本記事ではテクノアルファの「事業・業績・株価」について書いていきます。

 

スポンサーリンク

テクノアルファはどんな企業?

 

出典:technoalpha.co.jp

テクノアルファはパワー半導体結線装置が主体の商社です。

また、独自製品の開発にも力を入れている企業でもあります。

 

テクノアルファの事業内容

・半導体製造装置、電子材料・機器、環境機器の輸入販売

・舶用機器の代理店販売

・バイオ関連機器、分析機器、理化学用機器の販売

・その他自社開発品の製造並びに技術サービス

 

エレクトロニクス事業

パワー半導体製造プロセスの後工程で使用される半導体製造装置の輸入・販売を行っている。

また、エレクトロニクスメーカー向けの材料、大学・研究所等向けの研究開発用の小型の機器ならびに、液晶関連の部品、材料及び装置等の仕入れ・販売を行っている。

そのほか、顧客の要望に応じた商品の開発、大学との産学協同にも取り組んでいる。

 

出典:technoalpha.co.jp

 

マリン・環境機器事業

マリン事業においては、船舶用機器を国内メーカーから調達し、国内/海外の造船所及び海上保安庁等に販売している。

環境機器事業においては、食品・化学・石油化学業界等における液体の分離・濃縮を目的とした装置等を、海外メーカーとの販売代理店契約に基づき輸入し、国内の顧客に販売している。

また、両事業とも、顧客の要望に応じて自社で商品を開発し、協力工場に製造委託したうえで当社が販売する商品も取り扱っている。

 

出典:technoalpha.co.jp

 

システムインテグレーター事業

2011年9月1日より連結子会社となった株式会社ペリテックが、主に自動車関連業界の顧客から計測・検査システムを受託し、自社でハードウェア技術とソフトウェア技術を融合した計測・検査システムに仕上げ、販売している。

出典:technoalpha.co.jp

 

サイエンス事業

サイエンス事業ではプロテオミクス分野で使用する分析装置であるnanoLCポンプ(DiNaシリーズ)、カラム等を開発・製造し、大学、企業へ販売している。

また、理化学分野に関連する様々な製品の輸出入、販売も行っている。

出典:technoalpha.co.jp

 

その他事業(開発)

メーカー機能を担う神奈川事業所と各事業の連携による新商品の発掘、開発にも取り組んでいる。

昨今ではパワーデバイスをはじめ、更なる成長が見込めるプリンテッド・エレクトロニクス、環境、バイオなどの業界にもフォーカスし、商品立上げを行っている。

出典:technoalpha.co.jp

 

スポンサーリンク

テクノアルファの業績はどんな感じ?

次にテクノアルファが公開しているデータで簡単に分析していきます。

 

テクノアルファの業績を確認する

まず初めに、ここでは簡単に業績確認を行っていきます。

下のデータはテクノアルファの2015年11月期から2019年11月期までの業績となります。

年ごとの四半期通算の前年比(百万円単位)
年度 売上高(%) 営業利益(%) 経常利益(%) 当期純利益(%)
2015年 2,610(△27.2) △21(–) 59(△84.0) △1 (–)
2016年 2,662(+2.0) 4(–) 87(+47.0) △76(–)
2017年 2,819(+5.9) 34(+711.0) 74(△14.6) 44 (–)
2018年 3,584(+27.2) 263(+656.6) 277(+273.1) 178(+299.1)
2019年 3,422(△4.5) 262(△0.6) 300(+8.3) 224(+25.9)

売上高は2016年から2018年で3年連続で増収だったが、2019年で前年を若干下回っている。

しかし、利益面は2019年まで3年連続増益となっている。

 

2020年11月期の四半期(百万円単位)
年度 売上高(%) 営業利益(%) 経常利益(%) 当期純利益(%)
第1 557(△34.1) △43(–)
△40(–) △31(–)
第2 1,200(△29.2) △28(–) △25(–) △20(–)
第3 1,668(△33.5) △91(–) △67(–) △48(–)
第4 まだ公開されていない

現時点の2020年の四半期は減収赤字となっている。

 

テクノアルファの参考指数を確認する

本銘柄(倍)
[2020/11/02時点]
業界平均(2020年9月)
[東証JQS 卸売業]
PER 15.2
PBR 1.32 0.7

 

現時点のテクノアルファのPERはまだ公開されていません。

PBRは「1.32倍」なので業界的に割高といえます。

 

スポンサーリンク

テクノアルファの『株価』はどんな感じ?

下の株価チャートはテクノアルファの直近10年間(2020/11/2 15:00時点)のチャートになります。

引用:SBI証券

2013年付近までは「600円」のラインで跳ねている(反発)状況でした。

そこから上昇し、2014年下旬には「2000円」に達しています。

 

しかし、上の高値以降は下落し、現在まで「1000円」を軸に相場が動いている状況となっています。

 

スポンサーリンク

テクノアルファのまとめ

・テクノアルファはパワー半導体結線装置が主体の商社である。

・2020年11月期の第3四半期は減収赤字である。

・株価は1000円を軸にして相場が動いている。

 

 

テクノアルファの優待情報はこちら!

 

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました