ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)業績・株価【減収赤字・株価は1000円を軸に相場が動いている】

本記事ではヴィレッジヴァンガードコーポレーションの「事業・業績・株価」について書いていきます。

 

スポンサーリンク

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションはどんな企業?

出典:village-v.co.jp

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションは『遊べる本屋』をキーワードに「書籍・SPICE(雑貨類)・ニューメディア(CD・DVD類)」を融合的に陳列し販売している企業です。

なので、事業内容として”書籍・CD・雑貨・食品等の複合小売店の運営”になります。

 

スポンサーリンク

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションの業績はどんな感じ?

次にヴィレッジヴァンガードコーポレーションが公開しているデータで簡単に分析していきます。

 

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションの業績を確認する

まず初めに、ここでは簡単に業績確認を行っていきます。

下のデータはヴィレッジヴァンガードコーポレーションの2016年5月期から2020年5月期までの業績となります。

年ごとの四半期通算の前年比(百万円単位)
年度 売上高(%) 営業利益(%) 経常利益(%) 当期純利益(%)
2016年 46,758(+1.6) △271(–) △348(–) △4,353(–)
2017年 35,680(△23.7) 215(–) 95(–) △618(–)
2018年 34,186(△4.2) 371(+72.6) 339(+255.2) 227(–)
2019年 33,862(△0.9) 447(+20.3) 442(+30.2) 188(△17.0 )
2020年 29,267(△13.6) △286(–) △308(–) △618(–)

2020年5月期は減収赤字となっている。

ここ数年の売上高は4年連続減益・純利益は2年連続で前年を下回っている。

 

2021年5月期の四半期(百万円単位)
年度 売上高(%) 営業利益(%) 経常利益(%) 当期純利益(%)
第1 6,843(△16.9) △154(–)
△160(–) △181(–)
第2 まだ公開されていない
第3
第4

現時点の2021年5月期は減収赤字となっている。

 

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションの参考指数を確認する

本銘柄(倍)
[2020/10/23時点]
業界平均(2020年9月)
[東証JQS 小売業]
PER 40.6
PBR 1.11 1.3

 

現時点のヴィレッジヴァンガードコーポレーションのPERはまだ公開されていません。

PBRは「1.11倍」なのでこちらも業界的に若干割安といえます。

 

スポンサーリンク

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションの『株価』はどんな感じ?

下の株価チャートはヴィレッジヴァンガードコーポレーションの直近10年間(2020/10/23 15:00時点)のチャートになります。

引用:SBI証券

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションは2006年1月中旬に「6000円」を高値にしてからは下がり続けています。

 

そんなヴィレッジヴァンガードコーポレーションのここ数年の株価は「2000円」と「1000円」付近の間で相場が動いています。

ここ数年は2013年5月上旬に「2000円」付近を高値にして下がり続け、2017年中旬から「1000円」を軸にして相場が動いている状況です。

 

スポンサーリンク

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションのまとめ

本記事のヴィレッジヴァンガードコーポレーションの内容のまとめは下のとおりです。

・『遊べる本屋』をキーワードに「書籍・雑貨類・CD・DVD類」を融合的に陳列し販売している企業である。

・2020年5月期から減収赤字となっている。

・株価は2017年9月中旬から「1000円」を軸に相場が動いている。

 

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションの業績は2020年通算と2021年第1四半期で減収赤字となってしまっています。

そして、株価は2013年5月上旬に「2000円」付近を高値にして以降、2017年中旬から「1000円」のラインを軸に相場は動いています。

 

 

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションの優待情報はこちら!

 

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました