ファーストコーポレーション(1430)の株主優待【クオカードが受け取れます】

優待

ファーストコーポレーションは首都圏軸に分譲マンション建設している企業です。

用地手当てから建築まで一貫の造注方式に強みとしています。

 

そんな『ファーストコーポレーション』は11月に株式優待の権利日があるということですので、ここでは簡単に『優待の内容』について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

ファーストコーポレーションの株主優待の内容【年1回(11月)】

クオカード

 

クオカード

株数 1年以上~3年未満 3年以上
500株~999株 2,000円分 3,000円分
1,000株~4,999株 3,000円分 5,000円分
5,000株以上 5,000円分 10,000円分

 

スポンサーリンク

ファーストコーポレーションの優待利回り

金額(年間) 利回り
配当 22.00円 2.96%
優待(500株・3年未満) 2,000円分 0.53%

※2020/10/21時点(株価 744円)

ここではファーストコーポレーションの優待利回りと配当利回りについて書いていきます。

 

ファーストコーポレーションの優待利回り

金額(年間) 利回り
優待(500株・3年未満) 2,000円分 0.53%

 

ファーストコーポレーションの優待は「クオカード」が受け取れます。

そのクオカードは年1回で500株+3年未満の場合「2,000円分」となっています。

 

その優待の利回りを計算すると0.53%となります。

この利回りは他の優待と比べて低い数値といえます。

 

ファーストコーポレーションの配当利回り

金額(年間) 利回り
配当 22.00円 2.96%

【過去の配当】

2018年5月:38.0円

2019年5月:38.0円

2020年5月:20.0円

 

ファーストコーポレーションの2021年5月の配当予想は「22.0円」なので、前年と比べて2.0円の増配となっています。

また、この配当の利回りは「2.96%」なので、他の銘柄と比べると”業界的に高い”といえます。

 

 

ファーストコーポレーションの業績・株価情報はこちら!

 

投資経験者に選ばれる資産運用ロボアドバイザー!
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


初心者のおすすめな証券会社 

SBIネオモバイル証券 『Tポイント』を使って株が買える。 ”1株単位で購入可能”で、少額から投資を始められる。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。
DMM株 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO.1のDMMFXと同様、DMM.com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている


スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました